TOP

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年5月3日

Apple、2018円モデルのiPhoneへUSB Type-Cアダプタを同梱か

2018年5月3日にAppleが、2018年モデルのiPhoneに対してUSB Type-Cアダプタを同梱する可能性が浮上してきました。

 

 

これに伴い、同梱するLightningケーブルもUSB Type-Cに変更されるようです。

 

 

2018年モデルのiPhoneにはUSB Type-Cアダプタを同梱か

2018年5月3日にAppleが、2018年モデルのiPhoneに対してUSB Type-Cに対応した電源アダプタを同梱する可能性が浮上してきました。

 

 

 

 

中国のソーシャルネットワークである「Weibo」の記事によるとAppleの2018年のiPhoneのラインアップには、USB Type-C電源アダプタを同梱することが報じられております。

 

 

予てからAppleは、iPhoneの充電スピードを上げるためにUSB Type-Cに対応した充電アダプタを計画していると言われておりました。

 

 

Appleは、USB Type-Cに互換性があるThunderbolt3を押しており、ようやくiPhoneと関連付ける準備が整ったようです。

 

 

LightningケーブルのUSB Type-Cに対応

iPhoneの充電アダプラがUSB Type-Cに対応したことで、LightningケーブルもUSB Type-Cに対応することとなります。

 

 

LightningケーブルがUSB Type-Cに対応したことで、既存のUSB Type-Cポートから変換せずに利用することが出来るようになります。

 

 

現在Appleが販売しているMacbookシリーズのUSBポートは、すべてUSB Type-Cポートのみを搭載しております。

 

 

これまで、MacbookでiTunesによる同期を行う場合は、USB Type-Cの変換アダプタが必要でしたが、2018年モデルからは不要となります。

 

 

しかし、現在流通している多くのパソコンはUSB Type-Cポートをサポートしていないため、USB Type-C変換アダプタか従来型のLightningケーブルを持参する必要があります。

 

USB Type-Cアダプタは再設計により18Wに対応

「Weibo」の記事によると、AppleはUSB Type-Cのサポートに伴い電源アダプタの再設計を行ったようだ。

 

 

再設計を行ったことにより、USB Type-C対応Lightningケーブルにて18Wの充電を行うことが可能となったようだ。

 

 

現在販売されているiPhoneに同梱されているSUB Type-A電源アダプタは5Wととなっているため、大幅なアップグレードとなります。

 

 

また、急速充電として同梱されているiPad Pro用の電源アダプタでも12Wであるため、18Wへのアップグレードは大きな変更となります。

 

 

この噂は、正確な情報ではありませんが、信憑性は高いとして評価されております。

 

 

いずれにせよ、USB Type-Cケーブルを使用することで充電速度は上がると見て間違いないでしょう。

 

 

18Wの充電速度はどのくらいの速さなのか

USB Type-C充電アダプタが18Wである場合は、iPhoneの充電速度は約30分で0%から50%まで充電することが出来るようです。

 

 

現在販売されているApple背品中で、この急速充電に対応している製品は以下の通りとなっております。

 

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPad Pro

 

なおこれらのディバイスで急速充電を行いたい場合は、Macbookに付属している USB Type-C電源アダプタかサードパーティ製の充電ケーブルのみで行う必要があります。

 

電源アダプタのデザインも変更!?正方形型から楕円形へ

今回のレポートによると、18WをサポートしたUSB Type-C電源アダプタはこれまでの正方形からデザインが変更されると報じられております。

 

 

2018年モデルに同梱される新しい電源アダプタのデザインは、正方形から楕円形へデザイン変更されると言われている。

 

 

その為、2018年モデルのiPhoneには楕円形の電源アダプタとUSB Type-C for Lightningケーブルの2つが同梱されることとなります。

 

 

なお、現在Appleはサードパーティ製の企業がUSB Type-CをLightningケーブルとして販売することを認めておりません。

 

 

Appleは、少なくとも2019年までUSB Type-C for Lightningケーブルの販売を独占することが予想されております。

 

 

これは同時に2018年に販売される他社製のUSB Type-C for Lightningケーブルは、Apleの認証であるMFIを取得しておらず、安全性が担保されていないことを意味しております。

 

 

Macbookの例を見ても、AppleがUSB Type-C for Lightningケーブルを安く販売する可能性は低いため、同梱されているケーブルを大切に使う必要があります。

[Weibo]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)