TOP

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2019年1月21日 | テクノロジー

iPhone XS Maxの後継機は3眼カメラと4,000mAhの大型バッテリーを搭載か

2019年1月21日にAppleが、2019年モデルとして登場する「iPhone XS Max」の後継機にて、3眼カメラと4,000mAhの...

2019年1月21日 | テクノロジー

米Apple、iPhone SEを値引き販売へ-iPhone SE 2

2019年1月21日にAppleが、アメリカにて「iPhone SE」の値下げ販売を開始したことが明らかとなりました。   ...

2018年4月28日

Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update」は4月30日に配信開始

2018年4月28日にMicrosoftが、「Windows 10」の大型アップデートである「April 2018 Update」を正式に発表したことが明らかとなりました。

 

 

「April 2018 Update」は、2018年4月30日に配信開始され、無料でアップデートすることができます。

 

Microsoft、Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update」を正式発表

米国時間2018年4月27日に米Microsoftが、「Windows 10」の大型アップデートである「April 2018 Update」を正式に発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

Microsoftは、「Windows 10」の大型アップデートを3月頃と9月頃の2回配信する傾向にあります。

 

 

Microsoftが「Windows 10」向けに配信していた大型アップデートには「Redstone 4(RS4)」等が挙げられます。

 

 

直近の大型アップデートでは、2017年10月17日に配信された「Fall Creators Update」が挙げられますが、「April 2018 Update」は「Fall Creators Update」に続く大型アップデートに位置します。

 

 

「April 2018 Update」のコンセプト

Microsoftによると「April 2018 Update」は「貴重な時間を作り出す」ことがコンセプトとなっているようです。

 

 

これまで配信されてきた「Creators Update」はクリエイティビティをコンセプトととして掲げておりましたが、「April 2018 Update」では作業効率に重点を置いている

 

 

Microsoftは「April 2018 Update」の説明に「プライベートや仕事において、ユーザーが大切にしていることのために使える貴重な時間をさらに作り出すことが出来る」とコメントしている。

 

「April 2018 Update」の新機能「タイムライン(Timeline)」

「April 2018 Update」が掲げている効率化の一つに機能は、「タイムライン(Timeline)」機能が挙げられます。

 

 

 

タイムライン機能は名前の通り、「Windows 10」で行った作業を過去30日まで遡り、時系列でたどることができる。

 

 

タイムライン機能で遡った後は、作業を再開することが出来るため、作業開始までのルーティンを省略することがで期待できる。

 

 

タイムライン機能を利用するためには、Microsoftアカウントをサインしているだけで利用することが可能だ。

 

 

なお、ライムライン機能の説明は以下の動画にて行われております。

 

 

 

 

「April 2018 Update」の新機能「集中モード(Focus Assist)」

「April 2018 Update」の新機能には、作業に集中するための「集中モード(Focus Assist)」が追加されております。

 

 

これは、作業中にSNSなどの利用を制限する機能で、集中モードをオンにするとSNSから通知を止めることができる。

 

 

 

もちろん集中モードをオフにすることで、通知を止めていた間に届いていた通知やメールなどの最新情報を後からまとめて閲覧することができます。

 

 

 

さらに集中モードは、タイマーにより自動的に音に設定できる他、特定のユーザーから電話やメールの通知を通すように設定することができます。

 

 

詳しい集中モードも説明は、以下の動画より閲覧することができます。

 

 

 

Windows 10のブラウザ「Edge」をより使いやすく

「April 2018 Update」では、「Windows 10」の新しいWEBブラウザ「Edge」をより使いやすくするためにアップデートが施されている。

 

 

「April 2018 Update」を適応すると、オーディオアイコンが追加されるほか、タブごとに音声をミュートすることが出来るようになります。

 

 

安全な保存を施すためにセキュリティコードCVVを使用しないようになり、個人情報の自動入力もセキュアに行えるようにアップデートされている。

 

 

さらに印刷時に不要な情報を廃止する印刷オプションも追加されております。

 

 

「Edge」に関する詳しい情報は、以下の動画を閲覧ください。

 

 

 

Windows 10のデータ通信は、通信業者へ直接決算が可能に

これまでの「Windows 10」は、データ通信量を支払うためにMicrosoft Storeを仲介する必要がありました。

 

 

「April 2018 Update」から、通信業者に対して直接決算が出来るようにアップデートされるようです。

 

 

 

海外では1枚のSIMカードで通信業者を切り替えられるeSIMが流通しております。

 

 

海外出張際に「Windows 10」ディバイスへeSIMを指し、直接通信業者へ支払いするだけでLTE通信ができるようになります。

その他のアップデート

「April 2018 Update」では、2019年5月から切り替わる新年号をサポートされております。

 

 

現在は、2019年5月1位日は「??」として扱われますが、年号が発表され次第、アップデートにより容易に切り替えることが出来る。

 

 

また日本語IMEの予測変換へユーザーの住所が追加されたほか、日本Microsoftの女子高生AI「りんな」の予測変換が追加されております。

 

 

「April 2018 Update」には他にも企業向けのIT管理ツールやWindows Mixed Reality(MR)、写真、3D、オンラインの安全性の強化が施されております。

[ITMedia]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)