TOP

2020年7月8日 | テクノロジー

iOS/Android版Alexaアプリ、開いた状態でハンズフリー操作が可能に

2020年7月8日にAmazonの音声アシスタントである「Alexa」が、iOS/Androudアプリにてハンズフリー操作に対応したことが明...

2020年7月8日 | テクノロジー

AirPods 3(第3世代)はAirPods Proと同じ機能であるSiPを導入か-2021年に登場と噂

2020年7月8日にAppleが、AirPods 3こと第3世代にて「AirPods Pro」と同じ「システムインパッケージ」ことSiPを導...

2020年7月7日 | テクノロジー

Apple Silicon、デスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中か

2020年7月7日にAppleが、ARMプロセッサである「Applie Silicon」をデスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中である可...

2020年7月6日 | テクノロジー

Facebook、またもや個人情報が流出へ-長期ログインとソーシャルログインが要因

2020年7月6日にFacebookが、長期間利用しておらず、ソーシャルログインを使用していたユーザーを対象として開発者に個人情報が流出して...

2020年7月3日 | テクノロジー / 自動車

BMW、iOS 13.6の新機能Car Keyへ対応へ-BMW Connected

2020年7月3日にBMWが、先日Appleが発表した「iOS 13.6」の新機能「Car Key」に対応したことが明らかとなりました。 ...

2020年7月2日 | テクノロジー

iPhone 12 Pro/Pro Maxには120Hzには対応しない可能性が明らかに

2020年7月2日にAppleからの販売が噂されている「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」には最大120H...

2018年4月27日

iPhone SE 2、イヤホン端子を廃止せず!ハンズオン動画もリーク!

2018年4月27日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2」のハンズオン動画がリークされたことが明らかとなりました。

 

 

リーク動画では、「iPhone SE 2」には引き続きイヤホン端子が採用されていることが判明しております。

 

 

「iPhone SE 2」は、早ければ2018年6月に開催される「WWDC 2018」にて発表されるかもしれません。

 

iPhone SE 2、イヤホン端子は引き続き採用される!?

2018年4月28日にiPhoneシリーズの中でも廉価版モデルである「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2」の情報がまた浮上してきました。

 

 

今回のリーク情報によると、「iPhone SE 2」には引き続きイヤホン端子が採用され、「iPhone 7」以降続いたイヤホン端子の廃止の流れには乗らないことが明らかとなりました。

 

 

 

 

リークされた画像を見ると、「iPhone SE 2」と思われるディバイスの左下にイヤホン端子のような穴を確認することができます。

 

 

これまで、「iPhone SE 2」は「iPhone 7」以降のモデルと同様にイヤホンジャックが廃止されることが予想されておりました。

 

 

 

 

しかし、今回のリーク画像を見る限り明らかにイヤホン端子が採用さていることがわかります。

 

 

イヤホン端子が採用されることで、BluetoothイヤホンまたはLightning端子の変換アダプターを使用せずに手持ちのイヤホンやヘッドフォンを使用することができます。

 

 

iPhone SE 2のハンズオン動画

動画サイトYouTubeにて、今回リークされた「iPhone SE 2」と思われるディバイスのハンズオン動画が公開されております。

 

 

 

動画を見てみると、「iPhone SE 2」はこれまでと同様の寸法・大きさであることがわかります。

 

 

また、全体的な質感は2018年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」によく似ていることが見て取れる。

 

 

リークされた「iPhone SE 2」もモデルは、「シャンパンゴールド」モデルであることが予想され、背面や縁がゴールドカラーであることがわかります。

 

 

デザインについては、先日リークされた「iPhone SE 2」のパーツとほとんど一緒であることがわかります。

 

 

 

 

使用されているパーツが同一であることから、今回のリーク情報の信憑性は高いように思われます。

 

 

iPhone SE 2の背面素材はガラス – qi規格によるワイヤレス充電に対応か

ハンズオン動画から「iPhone SE 2」の背面が金属素材ではなく、ガラス素材が採用されていることが見て取れます。

 

 

背面がガラス素材のiPhoneには、2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」が挙げられます。

 

 

Appleは、「iPhone SE 2」の背面素材へガラス素材を採用することで、2017年モデルのiPhoneと同様にqi規格によるワイヤレス充電に対応することが予想されます。

 

 

「iPhone SE 2」のワイヤレス充電機能は、以前から予想されており、実際に採用される可能性は極めて高い。

 

 

 

 

これにより、Apple純正のqi充電スタンドだけではなく、他社製のqi規格のワイヤレス充電機で「iPhone SE 2」を充電することが可能となります。

 

 

iPhone SE 2は2018年6月に開催されるWWDC 2018にて発表か

Appleは、「iPhone SE 2」と思われるディバイスをすでに量産開始されていることが報じられております。

 

 

 

 

また、ユーラシア経済連合へ「iPhone SE 2」と思われるディバイスが申請されていることが確認されているため、Appleは1月、2ヶ月後である5月か6月に販売開始する可能性が極めて高いと言われております。

 

 

2018年5月と6月にAppleが控えているカンファレンスイベントには、デベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2018」が挙げられます。

 

 

もともとWWDCは、ソフトウェアであるiOSやmacOSを発表する場として開催されておりますが、近年はソフトウェアだけではなく、MacやiPadなどのハードウェアも発表されております。

 

 

そのため、「iPhone SE 2」が「WWDC 2018」にて発表される可能性は極めて高いことが予想されております。

 

 

 

 

肝心の「WWDC 2018」が開催される期間は、2018年6月4日~2018年6月8日であることが判明しております。

 

 

 

 

「WWDC 2018」は、時差の影響で日本では深夜に開催されますが、「iPhone SE 2」が発表されるとなると、深夜でも視聴するユーザーは多くいることが予想されます。

 

 

そのため、Twitterやニュースサイトにて、「iPhone SE 2」が正式発表されたかすぐに確認することができる。

 

 

なお、「iPhone SE 2」の発表時期は「WWDC 2018」であることが予想されておりますが、販売時期の詳細はリークされておりません。

 

 

例年のAppleの動きから、発表した週の金曜日に予約が開始され、翌週の金曜日に販売することが予想されております。

 

 

そのため、2018年6月15日に予約受付が開始され、販売開始は2018年6月22日となるでしょう。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)