TOP

2018年7月20日 | テクノロジー

Apple、第3世代のバタフライキーボードへホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用したことを認める

2018年7月20日にAppleが、「Macbook Pro Touch Bar 2018」へ採用した第3世代のバタフライキーボードへ、ホコ...

2018年7月20日 | テクノロジー

Corning、「Gorilla Glass 6(ゴリラガラス6)」を正式発表

2018年7月20日にCorningが、強化ガラスで有名なゴリラガラスシリーズの最新版として「Gorilla Glass 6(ゴリラガラス6...

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2018年4月4日

Apple、GoogleのAI部門の責任者を引き抜き-人工知能部門の統括へ任命

2018年4月4日にAppleが、Googleの検索とAI分野の責任者であるジョン・ジアンナデラ氏を引き抜いていたことが明らかとなりました。

 

 

Appleへ移籍後も、AI部門の統括責任者として席を置くことが報じられております。

 

 

Apple、GoogleのAI部門の責任者を引き抜き

2018年4月4日にAppleが、Googleの検索やAI分野(人工知能分野)の責任者であるジョン・ジアンナデラ氏を引き抜いていたことが明らかとなりました。

 

 

 

AppleがGoogleから引き抜いた人物は、Google検索結果のグラフ化機能やGmail、Googleアシスタントなどのプロジェクトに関わっていた人物となる。

 

 

そのため、業界的にも影響力が大きい人物をAppleが獲得したこととなります。

 

 

今後はAppleにて、機械学習と人工知能技術の担当の上級副社長となることが報じられております。

 

 

上級副社長へ任命されたことは、Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏の直属になることを意味しております。

 

 

ティム・クック氏、価値観を共有できる人物を獲得と社内メール

現地時間2018年4月3日の早朝にティム・クック氏は、Appleの従業員宛に以下のメールを送信していたことが確認されております。

 

 

テクノロジーは、私達が大切にしている価値観に大きく影響を受けます。

ジョンは、コンピューターよりも賢く、よりパーソナルなものとするべき、私達のプライバシー尊重の思想を共有してくれる人物です。

 

 

この文面から、ジョン氏がAppleへ移籍した理由はAppleが重要視している思想に共感できる人物であることがわかります。

 

 

今後、ジョン氏はApplのAIである「Siri」に大きな影響を与えることが期待されており、注目が集まっております。

 

GoogleとAppleは引き抜き禁止協定を結んでいたはずでは?

GoogleとAppleに限らず、シリコンバレーに属する世界的な企業は「引き抜き禁止協定」を結んで切ることが有名だ。

 

 

両者とも毎年、引き抜きを行っているが、基本的には「引き抜き禁止協定」により禁止されている行為となっているようです。

 

 

しかし、今回AppleがGoogleの重要人物を引き抜いたことで「引き抜き禁止協定」がすでに古いものになっていることがわかります。

 

 

過去には、GoogleがAppleの半導体エンジニアを複数人引き抜いたことが報じられており、事実上引き抜きはOKという風潮となっているのではないでしょうか。

[New York Times]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)