TOP

2020年5月5日 | テクノロジー

Apple、Macbook Pro 13インチ 2020年モデルを正式発表!マジックキーボード搭載で価格も値下げへ

2020年5月4日にAppleが、同社の公式サイトにて「Macbook Pro 13インチモデル」を正式発表したことが明らかとなりました。 ...

2020年4月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE Plusを2021年3月に発表か

2020年4月21日にAppleが、「iPhone SE」の大型版である「iPhone SE Plus」を来年の3月に販売する可能性が明らか...

2020年4月16日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 第2世代を正式発表-iPhone 8によく似ている

2019年4月16日にAppleが、噂されていた「iPhone SE(第2世代)」を正式発表したことが明らかとなりました。  ...

2020年4月8日 | ゲーム

PlayStation 5(PS5)のワイヤレスコントローラーDualSenseが初公開

2020年4月8日にSONYが、今年の末に販売を予定している「PlayStation 5(PS5)」のワイヤレスコントローラー「DualSe...

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2018年3月28日

Apple、iWorkをアップデート!Apple Pencilの対応や書籍の作成が可能に

2018年3月28日にAppleが、アメリカ・シカゴで開催されたカンファレンスイベントにて、仕事効率化アプリケーション「iWork」を大型アップデートしたことを発表いたしました。

 

 

アップデート内容には、「Apple Pencil」の対応や本の作成などが含まれております。

 

 

Apple、仕事効率化アプリケーション「iWork」をアップデート

2018年3月28日にAppleが、自社製のOffieこと仕事効率化アプリケーション「iWork」をアップデートしたことを発表いたしました。

 

 

 

Appleは、アメリカ・シカゴにて開催された教育機関向けカンファレンスイベントにて、新しいiPadや新しいスタイラスペン「クレヨン」を発表しております。

 

 

 

 

 

 

ハードウェア部門では、上の2モデルが発表されましたが、ソフトウェア部門では「iWork」こと「Pages」と「Numbers」、「Keynote」のアップデートが施されております。

 

 

iWorkがApple Pencilに対応

Appleは、「iWork」のアップデートでようやくスタイラスペンである「Apple Pencil」に対応したことを発表しております。

 

 

「iWork」が「Apple Pencil」に対応することで、絵を描いたり文章を書くことがようやく可能となりました。

 

 

この機能は、「Pages」に多く使われることが予想されており、洗練されたデザインの書類を用意に書くことが可能となりました。

 

 

教育機関や職場を想定した使い方では、提出された書類に対して丸付けができるようになりました。

 

 

これまで先生方は、大量のペーパーを一枚一枚採点する必要がありましたが、iPadと「Apple Pencil」のみで可能となるようです。

 

Pagesへ「スマートアノテーション」とブック作成機能が追加

まだベータ版となるが、「Pages」へ新機能「スマートアノテーション」が使いされたことが発表されております。

 

 

「スマートアノテーション」は、「Apple Pencil」を使ってコメントや校正を動的に付けることができる機能となっております。

 

 

 

 

「スマートアノテーション」は、フィールドバックにより文章を変更しても元のテキストを確認したり、テキストの位置も戻すことができます。

 

 

また、「Pages」で作成したファイルをブックとして共有することが可能となり、「iBook」にて表示することが可能となりました。

 

 

これにより、iPadで作成した書類をiCloudを通してiPhoneや他のiPad、Macでも閲覧できるようになります。

 

 

さらに今回の「Pages」は発表者モードが追加され、自動スクロールやプロンプターとして利用することが可能となりました。

[Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)