TOP

2018年5月23日 | テクノロジー

Instagram、フォローしても非表示にできる「ミュート機能」を発表へ

2018年5月23日にFacebook傘下のInstagramが、友達をフォローしたまま投稿を非表示することができる新機能「ミュート機能」を...

2018年5月23日 | テクノロジー

Apple、各メディアにWWDC 2018の招待状を送付!日本時間6月5日午前2時から開幕

2018年5月23日にAppleが、各メディアに対してデベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」の招待状を送付したことが明...

2018年5月22日 | テクノロジー

ゆうちょ銀行、2019年2月からQRコードによる決裁サービス「ゆうちょ Pay」を提供開始

2018年5月22日にゆうちょ銀行が、2019年2月よりスマートフォンによる決裁サービスの提供を開始することを発表いたしました。 &n...

2018年5月22日 | テクノロジー

【Siriの予告で確定!?】Apple、WWDC 2018にて廉価版HomePodを発表か

2018年5月22日にAppleが、2018年6月に開催予定のデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2018」にて、廉価版「HomePo...

2018年5月21日 | テクノロジー

HomePodの廉価版をBeatsブランドとして約2万2千円で販売か

2018年5月21日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の廉価版モデルをBeatsブレンドとして販売する可能性が浮上してきま...

2018年5月20日 | テクノロジー

Apple Watchバンドの一部が在庫なしに-まもなくApple Watch Series 4を発表!?

2018年5月20日にAppleから販売されている「Apple Watch」用のベルトことバンドの一部が、アメリカにて在庫なし状態となってい...

2018年3月15日

アーティスト向けに再生数などのデータが見える「Apple Music for Artists」を公開予告

2018年3月15日にAppleが音楽聴き放題サービス「Apple Music」にて、曲を配信しているアーティスト向けに再生回数などといった分析データを閲覧できる新機能「Apple Music for Artists」を公開することを予告しました。

 

 

Apple、アーティスト向けに「Apple Music for Artists」を公開することを予告

2018年3月15日にAppleが、音楽ストリーミングサービスである「Apple Music」にて、アーティスト向けの新機能として「Apple Music for Artists」を公開する予定であることを発表いたしました。

 

 

 

 

現地時間2018年3月13日日にApple公式アカウントが「Apple Music」の新機能「Apple Music for Artists」をアーティスト向けに公開予定であることを発表しました。

 

 

Appleによると、新機能「Apple Music for Artists」は2018年春に全てのアーティストを対象として公開する予定だそうだ。

 

 

「Apple Music for Artists」、はベータ版から運用が開始されるため、まずは一部のアーティストへ限定してサービス提供がされるようです。

 

 

Apple Music for Artistsではどんな分析データを見れる?

現在の情報によると、「Apple Music for Artists」では、アーティストが配信した曲の再生回数などを閲覧することが出来るようです。

 

 

その他にも、配信した曲の購入数(ダウンロード数)も確認することが可能となる。

 

 

詳細な情報も閲覧することができるため、配信した曲はどの地域で最も普及しているのかも確認することができます。

 

 

ほかには、「購入したユーザーの年齢層」や、「曲を何回聞いているのか」まで把握することが出来るようになる。

 

 

これらを組み合わせるとアーティストの曲が「この地域の何歳のユーザーが何回聞いているのか」まで分析されていることがわかります。

 

 

Apple Music for Artistsは専用画面により利用可能

Appleによると「Apple Music for Artist」は、専用の画面を通して分析データを閲覧することが出来るようです。

 

 

「Apple Music for Artists」は、Apple純正のサービスとなるため、デザインはシンプルに構成されることが予想されております。

 

 

また直感的に情報へアクセスできるようなユーザーインターフェースも実装されるため、パソコンが苦手なアーティストでも簡単に分析データへアクセスできるようになる。

 

 

すでに動画サイトYouTubeで活動しているアーティストは、YouTubeの動画配信者向け機能をイメージするとわかりやすのではないでしょうか。

[Billboard]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)