TOP

2018年12月19日 | テクノロジー

PayPay、クレジットカードの不正利用で謝罪へ-カード履歴の確認を推奨

2018年12月19日にYahoo!とSoftBankが提供している電子決済サービス「PayPay」が、システムの制限処理を悪用したクレジッ...

2018年12月19日 | テクノロジー

Appleの内部資料が流出!iPhone XS用バッテリーケースは2018年中に登場か

2018年12月19日にAppleが従業員向けに配布している内部資料「Apple Premium Reseller Accessory Me...

2018年12月18日 | 自動車

Apple、TeslaのデザイナーだったAndrew Kim氏を雇用か

2018年12月18日にAppleが、自動運転や電気自動車で有名な「Tesla(テスラ)」の元従業員であるAndrew Kim氏を雇用したこ...

2018年12月18日 | テクノロジー

電子決済「Origami Pay(折り紙ペイ)」が対象店舗で最大半額になるキャンペーンを開催

2018年12月18日に電子決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」が、対象の店舗と期間限定で、支払い金額が最大で半額になるキ...

2018年12月17日 | テクノロジー

Apple、SNSである「Apple Music Connect」を2019年中に終了へ

2018年12月17日にAppleが、「Apple Music」のSNS機能である「Apple Music Connect」を2019年中に...

2018年12月17日 | テクノロジー

Google Japan、「Googleストア」でホリデーセールを開催

2018年12月17日にGoogle Japanが、同社の公式オンラインストア「Googleストア」で「ホリデーセール」を開催したことが明ら...

2018年3月8日

2018年は廉価版MacやHomePod、iPad、iPhoneが販売されるかもしれない

2018年3月8日にAppleが、2018年中に価格が安い廉価版モデルとして「Mac」や「HomePod」、「iPad」、「iPhone」を販売予定であることが明らかとなりました。

 

 

2018年は廉価版MacやHomePod、iPad、iPhoneが登場するかもしれない

2018年3月8日にAppleが2018年中に価格が安い廉価版モデルとして、「Mac」や「HomePod」、「iPad」、「iPhone」を発表する可能性が浮上してきました。

 

 

Appleの最高経営責任者(CEO)がティム・クック氏になってから、各ラインアップへ廉価版モデルが投入される傾向にあります。

 

 

2018年に関しては、販売されたばかりのスマートスピーカー「HomePod」の廉価版や「iPhone X」の廉価版が登場することが予想されている。

 

 

さらに販売から10週年を記念した「Macbook Air」が廉価版となるほか、2017年に引き続き「iPad」の廉価版も登場するようです。

 

 

各廉価版モデルの価格はどうなるのか

「Macbook Air」に関しては、現行モデルから100ドル~200ドルまで値下げされるため、799ドル~899ドル(日本円で約8万5,000円~9万,5000円)で販売されることが予想されております。

 

 

2017年にも登場した廉価版iPadについては、現行モデルから70ドル値下げされるようだ。

 

 

「iPhone X」の廉価版については、コストダウンのため有機ELから6.1インチ液晶へ戻し、649ドル~749ドル(約6万9,000円~8万円)で販売される見込みとなっている。

 

 

2月に販売されたばかりのスマートスピーカー「HomePod」については、現行モデルよりも小型され、150ドル~200ドル(約1万6,000円~2万1,000円)で販売されるようだ。

 

 

これらの情報と、販売時期は以下のように予想されております。

 

  • Macbook Air 13Inch:799~899ドル/第2四半期に販売開始
  • 6.1インチiPhone X:649~749ドル/第3四半期~第4四半期に販売開始
  • 9.7インチiPad:259ドル/第2四半期に販売開始
  • HomePod:150~200ドル/第2四半期に販売開始

 

Appleはラインアップを増やし過ぎでは??

Appleの現在のラインアップは、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広くカバーされていることがわかります。

 

 

Appleの歴史に詳しいユーザーであれば、この現象はAppleがスティーブ・ジョブズ氏を追い出した後のラインアップに良くにていることがわかります。

 

 

当時との違いは、売上に関しては現在は比較的に安定しているため、倒産の危機が無い点が挙げられるでしょう。

 

 

これには、Apple内の商品同士がうまいこと競合していないことや、ブランド価値が高いままであることが大きな要因となっているでしょう。

 

 

しかし、これ以上ラインアップが増えてしまうとユーザーが困惑してしまうほか、「iPhone 5c」のようにうまく事が進まなくなる恐れがあります。

 

 

ユーザーとしては、これ以上ラインアップが増えないことを望むばかりです。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)