TOP

2018年6月20日 | テクノロジー

米スターバックス、従業員の再教育のために23,000万台のiPadを導入へ

2018年6月20日に米スターバックスが、従業員の再教育ためにAppleの「iPad」を23,000万台も購入していたことが明らかとなりまし...

2018年6月20日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルiPhone向けにディスプレイを発注開始!-売れ筋はiPhone X Plusか

2018年6月20日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けにディスプレイの発注を開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年3月8日

2018年は廉価版MacやHomePod、iPad、iPhoneが販売されるかもしれない

2018年3月8日にAppleが、2018年中に価格が安い廉価版モデルとして「Mac」や「HomePod」、「iPad」、「iPhone」を販売予定であることが明らかとなりました。

 

 

2018年は廉価版MacやHomePod、iPad、iPhoneが登場するかもしれない

2018年3月8日にAppleが2018年中に価格が安い廉価版モデルとして、「Mac」や「HomePod」、「iPad」、「iPhone」を発表する可能性が浮上してきました。

 

 

Appleの最高経営責任者(CEO)がティム・クック氏になってから、各ラインアップへ廉価版モデルが投入される傾向にあります。

 

 

2018年に関しては、販売されたばかりのスマートスピーカー「HomePod」の廉価版や「iPhone X」の廉価版が登場することが予想されている。

 

 

さらに販売から10週年を記念した「Macbook Air」が廉価版となるほか、2017年に引き続き「iPad」の廉価版も登場するようです。

 

 

各廉価版モデルの価格はどうなるのか

「Macbook Air」に関しては、現行モデルから100ドル~200ドルまで値下げされるため、799ドル~899ドル(日本円で約8万5,000円~9万,5000円)で販売されることが予想されております。

 

 

2017年にも登場した廉価版iPadについては、現行モデルから70ドル値下げされるようだ。

 

 

「iPhone X」の廉価版については、コストダウンのため有機ELから6.1インチ液晶へ戻し、649ドル~749ドル(約6万9,000円~8万円)で販売される見込みとなっている。

 

 

2月に販売されたばかりのスマートスピーカー「HomePod」については、現行モデルよりも小型され、150ドル~200ドル(約1万6,000円~2万1,000円)で販売されるようだ。

 

 

これらの情報と、販売時期は以下のように予想されております。

 

  • Macbook Air 13Inch:799~899ドル/第2四半期に販売開始
  • 6.1インチiPhone X:649~749ドル/第3四半期~第4四半期に販売開始
  • 9.7インチiPad:259ドル/第2四半期に販売開始
  • HomePod:150~200ドル/第2四半期に販売開始

 

Appleはラインアップを増やし過ぎでは??

Appleの現在のラインアップは、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広くカバーされていることがわかります。

 

 

Appleの歴史に詳しいユーザーであれば、この現象はAppleがスティーブ・ジョブズ氏を追い出した後のラインアップに良くにていることがわかります。

 

 

当時との違いは、売上に関しては現在は比較的に安定しているため、倒産の危機が無い点が挙げられるでしょう。

 

 

これには、Apple内の商品同士がうまいこと競合していないことや、ブランド価値が高いままであることが大きな要因となっているでしょう。

 

 

しかし、これ以上ラインアップが増えてしまうとユーザーが困惑してしまうほか、「iPhone 5c」のようにうまく事が進まなくなる恐れがあります。

 

 

ユーザーとしては、これ以上ラインアップが増えないことを望むばかりです。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)