TOP

2018年12月19日 | テクノロジー

PayPay、クレジットカードの不正利用で謝罪へ-カード履歴の確認を推奨

2018年12月19日にYahoo!とSoftBankが提供している電子決済サービス「PayPay」が、システムの制限処理を悪用したクレジッ...

2018年12月19日 | テクノロジー

Appleの内部資料が流出!iPhone XS用バッテリーケースは2018年中に登場か

2018年12月19日にAppleが従業員向けに配布している内部資料「Apple Premium Reseller Accessory Me...

2018年12月18日 | 自動車

Apple、TeslaのデザイナーだったAndrew Kim氏を雇用か

2018年12月18日にAppleが、自動運転や電気自動車で有名な「Tesla(テスラ)」の元従業員であるAndrew Kim氏を雇用したこ...

2018年12月18日 | テクノロジー

電子決済「Origami Pay(折り紙ペイ)」が対象店舗で最大半額になるキャンペーンを開催

2018年12月18日に電子決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」が、対象の店舗と期間限定で、支払い金額が最大で半額になるキ...

2018年12月17日 | テクノロジー

Apple、SNSである「Apple Music Connect」を2019年中に終了へ

2018年12月17日にAppleが、「Apple Music」のSNS機能である「Apple Music Connect」を2019年中に...

2018年12月17日 | テクノロジー

Google Japan、「Googleストア」でホリデーセールを開催

2018年12月17日にGoogle Japanが、同社の公式オンラインストア「Googleストア」で「ホリデーセール」を開催したことが明ら...

2018年3月3日

Apple、2018年秋に公開予定の次期macOSにて32bitアプリのサポートを終了

2018年3月2日に、Appleが2018年の秋頃に公開予定の次期「macOS」にて32bitアプリケーションが動作しなくなることが明らかとなりました。

 

 

「macOS」の32bitアプリケーションのサポート終了は、「WWDC 2018」にて正式発表される見込みです。

 

 

Apple、2018年秋に発表予定の次期macOS「High Sierra 10.13.4」で32bitアプリのサポートを終了へ

2018年3月2日にAppleが、2018年秋ごろにリリース予定の次期macOSこと「High Sierra 10.13.4」にて32bitアプリケーションが動作しなくなることが報じられております。

 

 

 

 

 

 

「macOS」の32bitアプリケーションの終了は、今年の6月に開催予定のカンファレンスイベント「WWDC 2018」にて正式に発表される見込みだ。

 

 

すでにAppleは、「iOS 11」にて32bitアプリケーションの動作を終了しており、「iPhone 5s」以降のiPhoneでしか利用できない状態となっております。

 

 

 

 

そのため、同じAppleが開発したOSである「macOS」も32bitアプリケーションのサポートする噂は信憑性が高いことが報告されております。

 

32bitアプリケーションの終了の背景にはiOS統合化も関わっている!?

Appleは、2018年にリリースする次期「macOS」にて、iOSアプリケーションのサポートを開始するのではないかと噂されている。

 

 

 

 

予てからAppleが、Mac上でiOSアプリケーションのサポートを実施するのではないかと言われておりましたが、ようやく実現されることになる。

 

 

「iOS 11」はすでに32bitアプリケーションのサポートを終了しているため、統合化のタイミングでmacOSも同様に32bitのサポートを終了することが予想されております。

 

 

macOSにある32bitアプリケーションの確認方法

macOSにインストールされている32bitアプリケーションを確認する方法はこちらとなります。

 

  1. メニュー左上の「リンゴマーク」にある「このMacについて」を選択
  2. 「概要タブ」の「システムレポート」を選択
  3. 「ソフトウェア」リストにある「アプリケーション」を選択
  4. アプリケーション一覧画面の64bitが「いいえ」になっているアプリが32bit

 

 

32bitと表示されているアプリケーションは、次期macOSにて利用できなくなる可能性があります。

 

 

対応策は、新しいmacOSへのアップデートをやめるかデベロッパーが64bitへのアップグレードが必要です。

 

推奨されているのは、後者のデベロッパー側の対応が望ましい。
新しいmacOSへのアップデートにセキュリティーアップデートも含まれているため、余程の理由がない限り新しいOSへのアップデートが望まれます。
0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)