TOP

2020年10月27日 | テクノロジー

Amazonブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds2」がまもなく登場か

2020年10月27日にAmazonが、Echoシリーズの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds 2」をまもなく登場させる可能性が明らか...

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2018年3月2日

Galaxy S9の虹彩認証&顔認証「Intelligent Scan」の制度は低い事が判明

2018年3月2日にSamsungが発表した「Galaxy S9/S9+(ギャラクシーS9/S9+)」に搭載されている虹彩認証と顔認証を組み合わせた新生体認証システム「Intelligent Scan」の認証制度が低いことが明らかとなりました。

 

 

Galaxy S9の生体認証システム「Intelligent Scan」は認証速度は早いが認証制度が低い!?

2018年3月2日にSamsungがカンファレンスイベント「Mobile World Congress 2018(MWC 2018)」で発表したフラグシップスマートフォン「Galaxy S9/S9+」の新生体認証システム「Intelligent Scan」の認証制度が低いことが判明しました。

 

 

 

新生体認証システム「Intelligen Scan」は、虹彩認証と顔認証の両方を組み合わせた認証システムとなります。

 

 

「Intelligent Scan」を利用するメリットに高速な認証速度が挙げられておりましたが、今回の情報によると認証制度は低いことが明らかとなっている。

 

 

その為、Samsungの顔認証システムの技術力はそれほど高くないと評価されているようだ。

 

 

そもそも「Intelligent Scan」とは?

「Intelligent Scan」は、顔認証システムを行ってから虹彩認証を行う単純なステップで構成されております。

 

 

現在把握されている「Intelligent Scan」の認証ステップは以下の通りとなっている。

 

 

  1. 顔認証システムの開始
  2. 顔認証の完了 → ロック解除
  3. ロック解除ができなかった場合 → 虹彩認証
  4. 虹彩認証の完了 → ロック解除

 

 

実際には、奥深い認証ステップが存在しておりますが、顔認証でロック解除できなかった場合は虹彩認証へ移行する方針を採用している。

 

 

「Intelligent Scan」が活躍できる場面は、マスクをしているときが挙げられており、口元を隠していても目が隠れていなければ、指紋認証を行わなくてもロック解除を行うことができます。

 

 

Galaxyシリーズの顔認証システムは2次元スキャン

「Galaxy S9」の「Intelligent Scan」の制度が引き理由の一つに、スキャン方式が2次元スキャンであることが挙げられている。

 

 

その為、画像を提示すると「Galaxy S9」がロックを解除してしまう恐れがある。

 

 

これに対して、Appleの顔認証システム「Face ID」は3次元スキャンを採用しており、赤外線を放つことで、ユーザーの顔を立体的に認識することが出来る。

 

 

3次元スキャンは、「iPhone X」で利用できる「Emoji」を使ってみると体感的に理解することができます。

 

 

これらの要因から、「Intelligent Scan」は2次元スキャンを採用しているために認証制度が低く、とても電子マネーなどの決済時には向いていないことがわかります。

 

 

これはSamsung側も意識しているのは、同社の決済システムである「Samsung Pay」では「Intelligent Scan」を利用できない状態となっております。

[CNET]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)