TOP

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年6月16日 | テクノロジー

Grayshift、iPhoneのロック解除装置にてiOS 12に対応済みであると発表

2018年6月16日にGrayshiftが、iPhoneのロック解除を行う装置にて、すでに「iOS 12」を対象とした対策を取っていることを...

2018年6月16日 | ゲーム / テクノロジー

Steam Link、アプリ内でゲームの購入はできない!?PCでの購入をうながす仕様へ

2018年4月16日に「Steam Link」が、アプリ内でゲームを購入できる機能を廃止し、代わりにパソコンで購入を促す機能へ変更する可能性...

2018年2月28日

日本企業サン電子の子会社Callebiteが全てのiPhoneのアンロックが可能であるとコメント

2018年2月27日に日本企業サン電子の子会社であるCellebriteが、「iPhone X」を含む全てのiPhoneをアンロック可能であることを発表致しました。

 

これにより、FBIなどの機関との連携が施されることが予想されております。

 

 

Cellebriteが、全てのiPhoneがアンロック可能であるとコメント

2018年2月28日に日本企業サン電子の子会社であるCellebriteが、現在流通している全てのiPhoneのアンロックが可能であることを発表致しました。

 

 

 

 

Cellebriteによると、「iPhone X」を含む全てのiOSディバイスの中へアクセスできることを発表している。

 

 

これまでiPhoneを含むiOSディバイスは、第3者からのアンロックは不可能であることが報じられておりました。

 

 

事実、FBIも犯人のiPhoneのアンロックを試みたが、アンロックすることができなかったため、BlackBerryに続くセキュアなディバイスとして知られております。

 

 

しかし、誰もアンロックすることができなかったiOSディバイスへ自社の技術を確立させることによりアンロックすることに成功したようです。

 

 

アンロックできるのはiOS 5からiOS 11まで

Celebriteによると、アンロックできるiOSのバージョンは、「iOS 5」から「iOS 11」までであることが発表されております。

 

 

これは、同社が公開しているPDFにも記載されている。

 

 

 

公開されたPDFには、アンロックできるiOSディバイスが以下のものであることが記述されております。

 

 

  • iPhone
  • iPad
  • iPad mini
  • iPad Pro
  • iPod Touch

 

 

さすがにiOS系列であるwatchOSやtvOSへのアクセスはできないようですが、iOSのセキュリティが破られているのであれば、時間の問題であることがわかります。

 

 

CellebriteはすでにFBIと連携済み

CellebriteとFBIの関係は、米国で起きた銃乱射事件の犯人のものである「iPhone 5c」のロック解除から始まっております。

 

 

Cellebriteは一般企業ですが、すでにFBIを通して政府と繋がっていると言えるでしょう。

 

 

また、これまでCellebriteがアンロック可能であった条件が古いiOS出会ったのに対し、今回は最新バージョンである「iOS 11」まで対応してきている。

 

 

これまで、たとえ犯罪を犯してもプライバシー保護の観点からスマートフォンのアンロックは本人の意志でしかできませんでしたが、アンロック技術が生まれたことで犯人のスマートフォンが意図せずにアンロックされることとなるようです。

[Cellebrite]

1+

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)