TOP

2018年12月19日 | テクノロジー

PayPay、クレジットカードの不正利用で謝罪へ-カード履歴の確認を推奨

2018年12月19日にYahoo!とSoftBankが提供している電子決済サービス「PayPay」が、システムの制限処理を悪用したクレジッ...

2018年12月19日 | テクノロジー

Appleの内部資料が流出!iPhone XS用バッテリーケースは2018年中に登場か

2018年12月19日にAppleが従業員向けに配布している内部資料「Apple Premium Reseller Accessory Me...

2018年12月18日 | 自動車

Apple、TeslaのデザイナーだったAndrew Kim氏を雇用か

2018年12月18日にAppleが、自動運転や電気自動車で有名な「Tesla(テスラ)」の元従業員であるAndrew Kim氏を雇用したこ...

2018年12月18日 | テクノロジー

電子決済「Origami Pay(折り紙ペイ)」が対象店舗で最大半額になるキャンペーンを開催

2018年12月18日に電子決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」が、対象の店舗と期間限定で、支払い金額が最大で半額になるキ...

2018年12月17日 | テクノロジー

Apple、SNSである「Apple Music Connect」を2019年中に終了へ

2018年12月17日にAppleが、「Apple Music」のSNS機能である「Apple Music Connect」を2019年中に...

2018年12月17日 | テクノロジー

Google Japan、「Googleストア」でホリデーセールを開催

2018年12月17日にGoogle Japanが、同社の公式オンラインストア「Googleストア」で「ホリデーセール」を開催したことが明ら...

2018年2月28日

日本企業サン電子の子会社Callebiteが全てのiPhoneのアンロックが可能であるとコメント

2018年2月27日に日本企業サン電子の子会社であるCellebriteが、「iPhone X」を含む全てのiPhoneをアンロック可能であることを発表致しました。

 

これにより、FBIなどの機関との連携が施されることが予想されております。

 

 

Cellebriteが、全てのiPhoneがアンロック可能であるとコメント

2018年2月28日に日本企業サン電子の子会社であるCellebriteが、現在流通している全てのiPhoneのアンロックが可能であることを発表致しました。

 

 

 

 

Cellebriteによると、「iPhone X」を含む全てのiOSディバイスの中へアクセスできることを発表している。

 

 

これまでiPhoneを含むiOSディバイスは、第3者からのアンロックは不可能であることが報じられておりました。

 

 

事実、FBIも犯人のiPhoneのアンロックを試みたが、アンロックすることができなかったため、BlackBerryに続くセキュアなディバイスとして知られております。

 

 

しかし、誰もアンロックすることができなかったiOSディバイスへ自社の技術を確立させることによりアンロックすることに成功したようです。

 

 

アンロックできるのはiOS 5からiOS 11まで

Celebriteによると、アンロックできるiOSのバージョンは、「iOS 5」から「iOS 11」までであることが発表されております。

 

 

これは、同社が公開しているPDFにも記載されている。

 

 

 

公開されたPDFには、アンロックできるiOSディバイスが以下のものであることが記述されております。

 

 

  • iPhone
  • iPad
  • iPad mini
  • iPad Pro
  • iPod Touch

 

 

さすがにiOS系列であるwatchOSやtvOSへのアクセスはできないようですが、iOSのセキュリティが破られているのであれば、時間の問題であることがわかります。

 

 

CellebriteはすでにFBIと連携済み

CellebriteとFBIの関係は、米国で起きた銃乱射事件の犯人のものである「iPhone 5c」のロック解除から始まっております。

 

 

Cellebriteは一般企業ですが、すでにFBIを通して政府と繋がっていると言えるでしょう。

 

 

また、これまでCellebriteがアンロック可能であった条件が古いiOS出会ったのに対し、今回は最新バージョンである「iOS 11」まで対応してきている。

 

 

これまで、たとえ犯罪を犯してもプライバシー保護の観点からスマートフォンのアンロックは本人の意志でしかできませんでしたが、アンロック技術が生まれたことで犯人のスマートフォンが意図せずにアンロックされることとなるようです。

[Cellebrite]

1+

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)