TOP

2018年2月11日

Facebook、「よくないね」ボタンの実装をテスト中であることが判明

2018年2月11日にFacebookが、「いいね!」ボタンの反対の意味を表す「よくないね」ボタンのテストを実施していることが明らかとなりました。

 

 

Facebook、「よくないね」ボタンをテスト中へ

2018年2月11日にFacebookが、「よくないね」ボタンを試験運転中であることが明らかとなりました。

 

 

 

「よくないね」ボタンは、名前の通り「いいね!」ボタンの反対の感情を表現するボタンとしてリリースを検討しているようです。

 

 

「よくないね」ボタンは、敵意があるコメントや誤解をまねくコメント、話題からずれているコメントなどを対象として利用されるようです。

 

 

また、「よくないね」ボタンを押下した後に該当のコメントを報告する機能も実装予定となっております。

 

 

Facebookはすでに5つのボタンを用意している

Facebookは、2015年10月頃から含む5つのボタンを実装しております。

 

 

現在、Facebookで利用できるボタンは以下の通りとなっております。

 

  1. いいね!
  2. 超いいね!
  3. うけるね!
  4. すごいね!
  5. 悲しいね
  6. ひどいね

 

これらのボタンは、2016年1月日本版Facebookでは顔文字として利用することが可能となっております。

 

 

また、文字の最後が「ね」で終わるような文言となっているため、「いいね」の反対の言葉を「よくないね」として実装すると言われております。

 

 

いまのところ「よくないね」ボタンはアメリカのごく一部のユーザーのみ提供へ

Facebookによると、「よくないね」ぼたんはアメリカのごく一部のユーザーのみ提供していることが説明されております。

 

 

また、個人のページではなく一般公開されているページを対象として「よくないね」ボタンを利用することができるようです。

 

 

Facebookによると「よくないね」ボタンは「Dislike(むかつく)」という意味ではないことを説明している。

 

 

その為、すぐに「よくないね」ボタンを実装しても誤解を招く恐れがあると指摘されております。

 

 

「よくないね」ボタンの設置目的は、ページ管理者へコメントが不適切であることや、反社会的コメントであること、誤解を招く表現をしていることを通知するためだとされております。

 

 

これらの設置目的をよく理解していなければ、意図しないマイナスイメージが世間へ広がってしまう恐れがあります。

 

 

Facebookが、「よくないね」ボタンを一部のユーザーへ提供したことはある意味正解ではないでしょうか。

[CNBC]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...