TOP

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月2日

経産省、バッテリーの爆発問題に対し「PSE」マークの取得を義務化へ

2018年2月2日に経産省が、モバイルバッテリーなどに対して「PSEマーク」の取得を義務付けることが明らかとなりました。

 

 

「PSE」マークの取得により、モバイルバッテリーの爆発を防ぐことが目的となっております。

 

 

経産省、モバイルバッテリーに対して「PSE」マーク取得を義務化へ

2018年2月2日に経産省が、モバイルバッテリーに対して、「PSE」マークの取得を義務付けることを発表いたしました、

 

 

今回話題となったPSEとは、PSE法こと「電気用品安全法」を指ししております。

 

 

PSE法の水準を満たしたディバイスは、以下の「PSE」マークを取得することができます。

 

 

 

 

その為、モバイルバッテリーを取り扱うメーカーは、今後この「PSE」マークの取得を余儀なくされることになります。

 

 

また、経産省は「PSE」取得対象となるのは「ポータブルリチウムイオン」を搭載した蓄電器であることを明記している。

 

 

これまで、リチウムイオン蓄電池が組み込まれたポータブルリチウムイオン蓄電池については、規制対象外とされておりましたが、近年の爆発問題が増加傾向にあるため、まずはモバイルバッテリーから規制がほどこされるようです。

 

 

PSEマークを取得しないとどうなる??

今回経産省が提示した「PSE」マークを取得しない場合は、PSE法の技術基準を満たしていないことを表します。

 

 

PSE法の基準を見対していない場合は、製品の製造・輸入・販売が経産省により制限されることになります。

 

 

バッテリーの爆発問題の多くは、海外のスマートフォンなどに多いことから輸入などにも制限が設けられるようです。

 

 

PSEマーク取得はいつから適応されるのか

経産省によると「PSE」マークの取得は、2019年2月1日以降に取得しなければならないようです。

 

 

その為、「PSE」マークを2019年2月1日までに取得できなかった製品は、製造・輸入・販売が不可能となります。

 

 

経産省は、モバイルバッテリーが技術水準をみたいしていることや、検査記録の保管の義務、PSEマークの付された製品の販売を義務付けており、これらを1年以内に実施することを要求しております。

 

 

これは、輸入事業者や製造事業、販売業者へ向けられた義務となっておりますのでご注意ください。

 

 

「PES」マークとモバイルバッテリーに関する詳しい情報は、経産省の公式WEBページに記載されておりますので、興味のある方はこちらをご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)