TOP

2018年2月21日 | テクノロジー

Xperiaがフルモデルチェンジ!?SONYがMWC向けティーザーを公開

2018年2月19日にSONYが、モバイルディバイス向けカンファレンス「Mobile WOrld Congress(MWC)」向けに新しいテ...

2018年2月21日 | テクノロジー

ポケモンGO、あと一週間でiPhone 5c以降のサポートを終了へ

Nianticが提供している「ポケモンGO」が、来週にあたる2018年3月1日をもって「iPhone 5c」以降のiOSディバイスのサポート...

2018年2月21日 | テクノロジー

新幹線、2018年5月より無料Wi-Fiの提供を開始へ – JR東日本

2018年2月21日にJR東日本が、新幹線の車内で無料のWi-Fiサービスを提供することを発表致しました。   &nb...

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年1月30日

2018年は6.1インチのiPhone Xが半分以上売れることが予想される

2018年1月30日にAppleから販売予定の6.1インチの「iPhone X」が、2018年の出荷台数の半数以上に上ることが明らかとなりました。

 

 

2018年は6.1インチiPhone Xの出荷台数が半分を占める

2018年1月30日にAppleから販売予定の6.1インチ「iPhone X」が、2018年の出荷台数が半分を占めることが明らかとなりました。

 

 

 

 

iPhone関連の情報で有名KGI証券のアナリストであるチンミー・クオ氏が、2018年のiPhoneの出荷台数の内、2018年モデルである6.1インチ「iPhone X」が50%を占めるとコメントしております。

 

 

6.1インチ「iPhone X」は、現行モデルである「iPhone 8」と同じ価格設定でラインナップされることが予想されている。

 

 

その為、高額な価格設定となった「iPhone X」のように、出荷台数に悩むこと無く生産することが出来るため、50%の出荷台数となるようです。

 

2018年モデルのiPhoneはどのようなラインナップになる!?

Appleは、2018年モデルのiPhoneを以下のような構成でラインナップすることが予想されております。

 

 

  • iPhone SE 2
  • iPhone X(第2世代)
  • iPhone X(6.1Inch)
  • iPhone X Plus(6.4Inch)

 

 

予定されているラインナップを見る限り、Appleは「iPhone X」をベースとしたラインナップで2018年は攻めることがわかります。

 

 

 

 

ラインナップ内の住み分けは、廉価版である「iPhone X」と液晶ディスプレイを搭載した6.1インチ「iPhone X」が低価格路線で販売されます。

 

 

 

対して、第2世代「iPhone X」と「iPhone X Plus」については、有機ELディスプレイを搭載するため、「iPhone X」と同様に高額な価格設定でラインナップされることが予想されております。

 

 

6.1インチiPhone Xは「すべてがスクリーン」になるのか

6.1インチ「iPhone X」は、液晶ディスプレイを搭載しながら「iPhone X」のようなベゼルレスデザインが採用されると言われております。

 

 

これは、ジャパンディスプレイが開発しているディスプレイにより、有機ELのようなベゼルレスデザインが実現することができるため、信憑性が高いと言われております。

 

 

 

 

その為、6.1インチ「iPhone X」は低価格ながら「iPhone X」のようなベゼルレスデザインや顔認証システム「Face ID」が採用されると言われております。

 

 

低価格で「Face ID」搭載iPhoneを購入したユーザーは、6.1インチ「iPhone X」の購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

[AppleInsider]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)