TOP

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2020年10月13日 | テクノロジー

Amazon Prime Day(プライムデー)、Echo Dotが64%OFFの1980円など

2020年10月13日にAmazonが、毎年開催している「Amazon Prime Day」を開催ししました。   イ...

2018年1月29日

HomePod、ハイレゾFLACに対応するもiTunesが非対応であることが判明

2018年1月29日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod(ホームポッド)」が、ハイレゾ音源形式FLACへ対応していることが明らかとなりました。

 

 

しかし、iTunesではハイレゾ対応の目処が立っていないようです。

 

 

HomePod、ハイレゾ音源形式FLACへ対応

2017年1月29日にAppleから2月9日に販売予定のスマートスピーカー「HomePod」がハイレゾへ対応していることが明らかとなりました。

 

 

 

 

「HomePod」が対応しているハイレゾ音源形式は、Free Lossless Audio CodecことFLACに対応していることが判明している。

 

 

FLACは、名前にLossless(ロスレス)が入っているため、音源を劣化させること無く圧縮することができる。

 

 

また、Losslessですので圧縮された音声を劣化させること無く解凍することも可能だ。

 

 

なお「HomePod」は、Appleのロスレス規格である「Appleロスレス」にも対応しております。

 

iTunesは引き続きFLACへ対応せず

Apple製品の音楽管理は、iTunesを通して管理するため、iPhoneやiPadへ曲を送るために欠かせないソフトウェアとなっている。

 

 

今回、「HomePod」がFLACへ対応したことが明らかとなりましたが、肝心のiTunesがFLACへ対応していないことが指摘されております。

 

 

Appleが公開している「iOS 11」でさえ、「ファイル」アプリを通すことでFLAC形式へ対応しておりますが、中核となるiTunesだけ取り残されております。

 

 

多くのメディアが、Apple製品がことごとくFLACへ対応していく判明なせiTunesだけアップグレードがされないのか不明であると報じられております。

 

 

iTunes、今後のアップデートでFLACへ対応するのか

実はiTunesが過去にFLAC形式に対応していた時代がありました。

 

 

しかし、FLACの形式が2013年に1.3へ上がったタイミングでAppleがiTunes上でFLACのサポートを打ち切っております。

 

 

昔から現在までiTunesは、扱いやすくスタイリッシュと評価される一方で、立ち上がりの遅さや動作のもたつきが指摘されておりました。

 

 

これらの問題を解決するためにAppleはiTunesの機能の削減に取り組んでおり、その一環の1つとしてFLACのサポートの終了が含まれていたようだ。

 

 

iTunesの直近の機能削減では、2017年9月にiTunes 12.7にてアプリ管理機能の削除を実施しております。

 

 

現在Apple社内のiTunesチームも、Microsoftの「Windowsストア」向けiTunesの作成に取り掛かっており、iTunesのメンテンスを行っていないことが予想されます。

 

 

 

 

その為、今後iTunesがアップデートされてもFLACの対応などではなく、機能の削減が施されることが予想されております。

[AppleInsider]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)