TOP

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2020年10月13日 | テクノロジー

Amazon Prime Day(プライムデー)、Echo Dotが64%OFFの1980円など

2020年10月13日にAmazonが、毎年開催している「Amazon Prime Day」を開催ししました。   イ...

2018年1月23日

Apple、アプリテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」をリリース

2018年1月23日にAppleが、アプリケーションのテストを行うアプリベータテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」を正式にリリースしたことが明らかとなりました。

 

 

Apple、「TestFlight 2.0.1」をリリース

2018年1月23日にAppleがアプリケーションのテストを行うことができるアプリベータテストプラットフォーム「TestFlight 2.01」を正式にリリースしたことが明らかとなりました。

 

 

 

 

Appleによると、「TestFlight 2.0.1」ではネットワーク回線の利用時のアプリケーションダウンロードサイズが100MBから150MBへ緩和されたことが発表されている。

 

 

なお、これは2017年9月にすでに緩和されており「TestFlight 2.0.1」により解禁されたものではないことがわかります。

 

 

「TestFlight 2.0.1」は、すでに公開されておりApp Storeより無料でダウンロードすることができます。

 

 

 

TestFlightで出来ることは?

App Storeにある「TestFlit」の説明欄には以下のように記述されている。

 

 

The TestFlight app allows testers to install and beta test apps on iOS, tvOS and watchOS devices. Testers must receive an invite directly from a developer first before they can begin testing with TestFlight. Once invited, testers can redeem invitations in TestFlight to install, test, send valuable feedback, and get updates for the beta app.

*Note: TestFlight itself does not allow for discovery of beta apps…

 

 

これを和訳すること次のようになります。

 

 

TestFlightアプリは、テスターがiOS、tvOS、およびwatchOSデバイスにアプリケーションをインストールし、ベータテストすることを可能にします。

テスターは、TestFlightでテストを開始する前に、まず開発者から直接招待状を受け取る必要があります。

一旦招待されると、テスターは、TestFlightの招待状を利用して、インストール、テスト、貴重なフィードバックの送信、ベータ版のアップデートの入手を行うことができます。

 

 

このことから「TestFlight」は、テスターがディバイスへアプリケーションをインストールし、テストを行うためのアプリケーションであることがわかります。

 

 

また、「TestFlight」にはルールがあり、デベロッパーから招待状を受け取ることでテストを行うことができる。

 

 

招待状を受け取ったテスターは、初めてインストールからテスト、フィールドバックの送信を行った上で、アプリケーションを入手することが可能となる。

 

 

TestFlightで追加された機能

App Storeのプレビューページに記載されている「TestFlight 2.0.1」の新機能は以下の通りとなっております。

 

 

  • This update includes support for Smart Invert Colors and a revised 3D Touch peek view that includes “What to Test”.
  • The cellular data limit is now 150MB, increased from 100MB.
  • Small bug fixes and other UI improvements were made.

 

これを和訳することこのようになります。

 

  • このアップデートでは、スマート反転色のサポートと、「何をテストするか」を含む修正された3D Touchのピークビューが含まれています。
  • スマートフォンのデータ制限は現在150MBで、100MBから増加しています。
  • 小さなバグの修正やその他のUIの改善が行われました。

 

このことから、「TestFlight 2.0.1」は大きなアップデートは含まれていないことがわkリマス。

 

 

しかし、スマート反転色のサポートと3D Touchによる新機能は、デベロッパーにとってありがたいアップデートではないでしょうか。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)