TOP

2018年2月21日 | テクノロジー

Xperiaがフルモデルチェンジ!?SONYがMWC向けティーザーを公開

2018年2月19日にSONYが、モバイルディバイス向けカンファレンス「Mobile WOrld Congress(MWC)」向けに新しいテ...

2018年2月21日 | テクノロジー

ポケモンGO、あと一週間でiPhone 5c以降のサポートを終了へ

Nianticが提供している「ポケモンGO」が、来週にあたる2018年3月1日をもって「iPhone 5c」以降のiOSディバイスのサポート...

2018年2月21日 | テクノロジー

新幹線、2018年5月より無料Wi-Fiの提供を開始へ – JR東日本

2018年2月21日にJR東日本が、新幹線の車内で無料のWi-Fiサービスを提供することを発表致しました。   &nb...

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年1月23日

ソフトバンク、MVNO向けにテザリング機能を開放へ – 今年の春からスタート

2018年1月23日にソフトバンクが、同社の回線を利用する通信会社MVNO向けに、2018年春よりテザリング機能を開放することを正式に発表いたしました。

 

 

ソフトバンク、MVNO業者向けにテザリング機能を開放

2018年1月23日にソフトバンクが、同社の回線を利用するMVNO業者向けに「テザリング機能」を開放することを発表いたしました。

 

 

総務省が2018年1月22日に開催した「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第3回会合にて、ソフトバンクがMVNO業者に対して2018年春を目処にテザリング機能を開放することを発表いたしました。

 

 

元々大手キャリアでは、テザリング機能は有料オプションとして提供されておりましたが、Docomo系MVNOを始めとして無料でテザリング機能の利用が可能となっておりました。

 

 

ソフトバンク系MVNOが、ソフトバンクの制限により長らくテザリング機能の利用が許されない状況でしたが、ようやくテザリング機能が解禁された形となる。

 

 

ソフトバンク系MVNOはDocomo系MVNOとようやく肩を並べた

元々Docomo系MVNOは、登場当初からプランの中にテザリング機能を含まれていることをアピールしている。

 

 

MVNOを選択する理由の1つにわかりやすいプラン体制が含まれており、テザリング機能を含む様々なオプションがすでに定額プランに含まれております。

 

 

その為、ユーザーの意識の中には「MVNO = テザリング機能を含む」として認知されており、細かいオプションを頭に入れなくても良いメリットが有りました。

 

 

しかし、ソフトバンク系MVNOに関してはソフトバンクからの制約がDocomoよりも大きいため、テザリング機能がオプションに含まれていない。

 

 

これにより、Docomo系MVNOよりもユーザーは契約前に調べる内容が1段階多くなるデメリットがありました。

 

 

2018年春によりソフトバンク回線MVNOでもテザリング機能が利用開始されるため、プラン内部の体制がようやく肩を並べたことになる。

 

 

ソフトバンク系MVNOはDocomo系MVNOに勝てるのか?

MVNO業者に限らず、ソフトバンク回線とDocomo回線では大きく性質が異なっております。

 

 

ユーザーがスマートフォンを扱う上で、一番体感的に感じられるのは通信可能な場所が多いか少ないかだ。

 

 

ソフトバンク回線の多くは、田舎などでは繋がらないことが多く、峠道などではネットワークが利用できなことが多々ある。

 

 

しかし、基地局が多いDocomo回線は峠道でもなんとなネットワークを利用することが可能だ。

 

 

その為、都会に住んでい無い場合は、Docomo系MVNO業者の方がアドバンテージが大きいことがわかります。

[ITMedia]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)