TOP

2018年2月21日 | テクノロジー

Xperiaがフルモデルチェンジ!?SONYがMWC向けティーザーを公開

2018年2月19日にSONYが、モバイルディバイス向けカンファレンス「Mobile WOrld Congress(MWC)」向けに新しいテ...

2018年2月21日 | テクノロジー

ポケモンGO、あと一週間でiPhone 5c以降のサポートを終了へ

Nianticが提供している「ポケモンGO」が、来週にあたる2018年3月1日をもって「iPhone 5c」以降のiOSディバイスのサポート...

2018年2月21日 | テクノロジー

新幹線、2018年5月より無料Wi-Fiの提供を開始へ – JR東日本

2018年2月21日にJR東日本が、新幹線の車内で無料のWi-Fiサービスを提供することを発表致しました。   &nb...

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年1月21日

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上してきました。

 

 

次期iPhoneのディスプレイはジャパンディスプレイ製を採用か

2018年1月21日にAppleが、次期iPhoneにてジャパンディスプレイの液晶ディスプレイを採用する方針であることが浮上してきました。

 

 

 

 

メディアサイト「時事通信社」によると、Appleは次期iPhoneへジャパンディスプレイが新たに開発した新型液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」をさいようすると報じている。

 

 

同誌によると、フルアクティブディスプレイを採用したiPhoneは、2018年の秋に発表されるとコメントしている。

 

 

確かに2018年モデルのiPhoneは、3モデルでラインアップされると噂されており、そのうち1モデルが液晶ディスプレイを採用すると言われております。

 

 

 

 

液晶ディスプレイモデルも「iPhone X」のようなベゼルレスデザインが採用されるため、ジャパンディスプレイのフルアクティブディスプレイが採用される報道には納得ができる。

 

 

そもそもフルアクティブディスプレイとは?

ジャパンディスプレイが新しく開発したフルアクティブディスプレイは、有機ELのようなベゼルレスデザインなどを実現することが出来る次世代液晶ディスプレイとなっている。

 

 

フルアクティブは、四方のベゼルを0.5〜0.6まで細くすることが可能だ。

 

 

ベゼルを補足するために狭額縁化したLCDモジュールの技術が採用されており、有機EL)OLED)に対抗するために作成された液晶ディスプレイとして注目を集めている。

 

 

有機ELディスプレイのデメリットの一つにコントラストの劣化があげられるため、毎日使うスマートフォンへ液晶ディスプレイを採用することは大きなメリットがある。

 

 

最大の課題としては、有機ELディスプレイは生産コストが膨大であるのに対して、次世代液晶ディスプレイであるフルアクティブの生産コストが有機ELを上回るのかが注目されております。

 

すでにフルアクティブの後継機であるフルアクティブ・フレックスも量産体制へ

フルアクティブの次世代モデルである「フルアクティブ・フレックス」では、プラスチック製の基盤を採用することで有機ELのように折り曲げることが可能となるようです。

 

 

ジャパンディスプレイによると、フルアクティブ・フレックスは2018年から量産が開始されるようです。

 

 

次期iPhoneでは、「フルアクティブ」が採用されるのか「フルアクティブ・フレックス」が採用されるのかはまだ確定されていないことが予想されている。

 

 

2018年モデルiPhoneが秋ごろに発表されることから、「フルアクティブ・フレックス」を採用される可能性もあります。

 

 

しかし、次期iPhoneはディスプレイを折り曲げる形状ではないことが予想されるため、現行モデルである「フルアクティブ」ディスプレイが採用される可能性が非常に高いことが予想されます。

[時事通信社]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)