TOP

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2020年10月13日 | テクノロジー

Amazon Prime Day(プライムデー)、Echo Dotが64%OFFの1980円など

2020年10月13日にAmazonが、毎年開催している「Amazon Prime Day」を開催ししました。   イ...

2018年1月19日

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と電気自動車メーカー「Tesla」を買収する計画が浮上してきました。

 

 

AppleがTeslaとNetflixを買収する計画を立てている!?

2018年1月19日にAppleが、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix」と自動車メーカー「Tesla」を買収する計画を立てていることが浮上してきました。

 

 

 

買収候補の1つである「Netflix」は、現在主流となっている定額制動画見放題サービスの先駆けとなっている企業として有名です。

 

 

Appleは、先日に「Apple TV」をアップデートしており、今後同社の中でも動画見放題サービスを中心としたコンテンツ作りに力を入れることが予想されております。

 

 

2つ目の候補である「Tesla」は、自動運転技術や電気自動車部門で業界1位として知られております。

 

 

Appleは、自動運転車両の開発に着手しておりましたが、最近になり自動運転技術に的を絞っていることが報じられております。

 

 

Appleにとって今後普及するであろう自動運転分野と電気自動車の技術を確保するために「Tesla」を買収することは不思議ではない。

 

 

Appleは、2社を買収するために32兆円も用意している

Appleは、「Netflix」と「Tesla」を買収するた目の資金として、なんと32兆円を用意していると伝えられております。

 

 

この32兆円は、Appleが海外に蓄積していた金額を還流させたものであると言われております。

 

 

近年Appleの売上は上がってきており、新しいキャンパスの作成や魅力的な特許や技術を保有している企業へ積極的にお金をばらまいている。

 

 

中でもM&Aによる企業買収を行った件数は、ここ数年で増加傾向にあることが判明している。

 

 

「iPhone X」に搭載された顔認証システム「Face ID」も、M&Aにより顔認証システムに特化した企業を買収したことがきっかけだと伝えられております。

 

Teslaの買収は最も困難であることが伝えられる

Appleは、自動車メーカー「Tesla」を買収する予定だと報じられておりますが、M&Aにより買収できる可能性は低いと予想されております。

 

 

「Tesla」の最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は、Appleをライバルとして見ていることで有名だ。

 

 

Appleは「Tesla」の買収のために5,500億円も用意していると伝えられておりますが、イーロン・マスク氏はたとえこの金額でも「Tesla」を売る可能性は低いと報じられております。

 

 

ですが、イーロン・マスク氏は「Tesla」のCEOとしても有名ですが起業家としても有名なため、金額次第ではAppleへ「Tesla」を受け渡す可能性があります。

 

 

 

さらに「Tesla」側も製造が遅れや株主との揉め合いにより資金面で苦労しているため、Appleの買収を受け入れる可能性はまだ残っていると分析できます。

[Business Insider]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)