TOP

2018年2月21日 | テクノロジー

Xperiaがフルモデルチェンジ!?SONYがMWC向けティーザーを公開

2018年2月19日にSONYが、モバイルディバイス向けカンファレンス「Mobile WOrld Congress(MWC)」向けに新しいテ...

2018年2月21日 | テクノロジー

ポケモンGO、あと一週間でiPhone 5c以降のサポートを終了へ

Nianticが提供している「ポケモンGO」が、来週にあたる2018年3月1日をもって「iPhone 5c」以降のiOSディバイスのサポート...

2018年2月21日 | テクノロジー

新幹線、2018年5月より無料Wi-Fiの提供を開始へ – JR東日本

2018年2月21日にJR東日本が、新幹線の車内で無料のWi-Fiサービスを提供することを発表致しました。   &nb...

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年1月18日

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機能を追加予定であることを発表いたしました。

 

 

ティム・クック氏、次期iOSでパフォーマンスの制限機能をオフが可能であることを発表

2018年1月17日にAppleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏が、次期iOSのアップデートにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス制限機能をオフにすることができる機能を追加することを発表いたしました。

 

 

 

 

AppleのCEOであるティム・クック氏は、メディア「ABC News」のインタビューにてiOSの次期バージョンへバッテリー劣化によるパフォーマンスの制限をユーザーがオン/オフを切り替える機能を追加予定であることを明かしております。

 

 

Appleは、iPhoneのバッテリーが劣化しパフォーマンスが落ちた場合は、3,200円でバッテリーを行うことを推奨しております。

 

 

 

しかし、次期iOSでは新しいバッテリーへ交換しなくてもユーザー自身がiPhoneのパフォーマンスを最大限引き出せるように設定することが可能となる。

 

 

パフォーマンスの制限機能をオフにするとiPhoneの寿命が縮まる!?

次期iOSにてバッテリー劣化によるパフォーマンスの制限機能をオフにすると、iPhoneの挙動がおかしくなる可能性が挙げられている。

 

 

Appleは、パフォーマンスの制限機能を設けている理由に電気の品質低下による他の部品の故障やiPhoneの再起動などの問題が起こさないために設定しているとコメントしている。

 

 

その為、ユーザーの手によりパフォーマンスの制限機能をオフにすると、一時的にパフォーマンスがもとに戻るが、iPhoneの寿命が縮まるあるいは再起動が頻発して起きることが予想されております。

 

 

昔のiPhoneを最大限のパフォーマンスで利用し続けたい場合は、iOSのパフォーマンスの制限機能のオフではなく、新しいバッテリーの交換が勧められます。

 

 

iOSのパフォーマンスの制限機能をオフにできる機能は3月にリリース

ティム・クック氏は、インタビューの中で2018年2月の上旬頃にiOSのベータ版へパフォーマンスの抑制機能をオフにできる機能をリリースすることを発表している。

 

 

さらに同氏は、3月に正式リリースされる次期iOSへパフォーマンスの抑制機能をオフにできる機能を取り込む予定であることを明かしております。

 

 

また、同氏もiPhoneは重要なディバイスであるため、寿命を縮めかねない同機能をオフにすることは勧められないとコメントしている。

 

 

やはり同機能はリリースされても、余程のことがない限りオフへ設定することが推奨されます。

[The Verge]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)