TOP

2018年5月25日 | テクノロジー

Google Pay、電子マネー「Suica」と「WAON」に対応へ

2018年5月24日にGoogleが、電子決済サービス「Google Pay」にて電子マネー「Suica」と「WAON」に対応したことを発表...

2018年5月24日 | テクノロジー

Apple、自動運転の開発でVOLKSWAGEN(フォルクスワーゲン)と提携関係に

2018年5月24日にAppleが、自動運転の開発でドイツの自動車メーカーである「VOLKSWAGEN(フォルクスワーゲン)」と提携を組んだ...

2018年5月24日 | テクノロジー

Apple、Fusion Drives(HDD)対応APFSをまもなく発表か

2018年5月24日にAppleが、SSDで導入されているファイルシステム「Apple File System(APFS)」をまもなくHDD...

2018年5月23日 | テクノロジー

Instagram、フォローしても非表示にできる「ミュート機能」を発表へ

2018年5月23日にFacebook傘下のInstagramが、友達をフォローしたまま投稿を非表示することができる新機能「ミュート機能」を...

2018年5月23日 | テクノロジー

Apple、各メディアにWWDC 2018の招待状を送付!日本時間6月5日午前2時から開幕

2018年5月23日にAppleが、各メディアに対してデベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」の招待状を送付したことが明...

2018年5月22日 | テクノロジー

ゆうちょ銀行、2019年2月からQRコードによる決裁サービス「ゆうちょ Pay」を提供開始

2018年5月22日にゆうちょ銀行が、2019年2月よりスマートフォンによる決裁サービスの提供を開始することを発表いたしました。 &n...

2018年1月16日

Apple、Macbook Airの販売から10週年を迎える

2018年1月15日にAppleは、同社のノートPC「Macbook Air」を販売してから10週年を迎えたことが明らかとなりました。

 

 

2018年1月15日はMacbook Airの販売から10週年の記念日

2018年1月15日にAppleは、同社のノートPCである「Macbook Air」の販売開始からちょうど10週年を迎えたことが明らかとなりました。

 

 

「Macbook Air」は、10年前に当時のAppleの最高経営責任者(CEO)であるスティーブ・ジョブズ氏が登壇し発表しました。

 

 

ジョブズ氏は、「Macbook Air」を封筒の中から取り出し、当時では考えられない薄さのノートPCとして発表しております。

 

 

 

 

 

「Macbook Air」は、現在もAppleから販売が続けられており、10年間デザインが変わらないApple製品は珍しいと評価されております。

 

 

当時のMacbook Airはハイエンドモデルとしてデビュー

当時の「Macbook Air」は、光学ドライブを廃止したスタイリッシュなモデルとして発表されておりました。

 

 

その為、現在の「Macbook Air」はMacbookの中でもエントリーモデルとして販売されておりましが、10年前はハイエンドモデルとして販売されていました。

 

 

初代「Macbook Air」の販売価格は、メモリ2GBの1.6GHzのデュアルコアCPU、80GBのHDDを搭載したベースモデルで1,799ドル(日本円で229,800円)と高額な価格設定でラインナップされていたようだ。

 

 

当時の229,800円は、現在の34万円相当に分類されるため、Mac Proよりも高額がMacとしてデビューされた歴史があります。

 

 

しかし、現在の「Macbook Air」は最も安いMacbookとしてラインナップされており、10年間でラインナップが大きく変わったことがわかります。

 

 

販売中止が噂されるMacbook Air

「Macbook Air」は無事に販売開始から10週年を迎えましたが、いよいよ販売中止されることが噂されている。

 

 

Appleは、10年間の間により薄いMacbookとして「Macbook 12Inch」を発表しております。

 

 

「Macbook Air」と「Macbook 12Inch」のユーザー層は、殆ど被っており差別化はCPU性能と価格のみで補わられております。

 

 

現在の技術が発達し、「Macbook 12Inch」でも十分な処理が可能となれば、「Macbook Air」の販売が終了されることを意味している。

 

 

また、Appleも全てのMacやiOSディバイスに搭載しているRetinaディスプレイを唯一「Macbook Air」へ搭載していないことから、いつラインアップから消えてもおかしくない状況です。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)