TOP

2020年5月5日 | テクノロジー

Apple、Macbook Pro 13インチ 2020年モデルを正式発表!マジックキーボード搭載で価格も値下げへ

2020年5月4日にAppleが、同社の公式サイトにて「Macbook Pro 13インチモデル」を正式発表したことが明らかとなりました。 ...

2020年4月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE Plusを2021年3月に発表か

2020年4月21日にAppleが、「iPhone SE」の大型版である「iPhone SE Plus」を来年の3月に販売する可能性が明らか...

2020年4月16日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 第2世代を正式発表-iPhone 8によく似ている

2019年4月16日にAppleが、噂されていた「iPhone SE(第2世代)」を正式発表したことが明らかとなりました。  ...

2020年4月8日 | ゲーム

PlayStation 5(PS5)のワイヤレスコントローラーDualSenseが初公開

2020年4月8日にSONYが、今年の末に販売を予定している「PlayStation 5(PS5)」のワイヤレスコントローラー「DualSe...

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2018年1月13日

iOS 11.2.2、iPhone 6でパフォーマンスが40~50%遅くなる – ベンチマーク

2018年1月13日にAppleから公開されたiOSの最新バージョン「iOS 11.2.2」を適応したiPhone 6のパフォーマンスが40%〜50%も遅くなることが明らかとなりました。

 

 

iPhone 6、iOS 11.2.2をインストールするとパフォーマンスが低下

2018年1月13日にAppleから公開されているiOSの最新バージョンをiPhoneへ適応するとパフォーマンスが低下することが明らかとなりました。

 

 

iOSの最新バージョン「iOS 11.2.2」は、セキュリティアップデートとして公開されております。

 

 

しかし、「iOS 11.2.2」を適応したディバイスは従来よりもパフォーマンスが低下していることが指摘されております。

 

 

なかでも、「iPhone 6」はベンチマークスコアが約40%〜50%まで低下しいるようだ。

 

 

ディバイスのパフォーマンスが約半減することは深刻であり、ユーザーから不満の声が挙がってきているようです。

 

 

iOS 11.2.2のベンチマークテスト

ベンチマークソフト「Geekbench4.2.1」を使用したベンチマークスコアを測定した結果、以下のスコアが得られております。

 

 

 

ベンチマークスコアを見ると、シングルコアだけでも前バージョンである「iOS 11.1.2」の「1561」よりも「iOS 11.2.2」の「924」の方が41%少ないことがわかります。

 

 

マルチコアでも「iOS 11.1.2」の「2665」と比較し、「iOS 11.2.2」が「1616」と39%も少ないことがわかります。

 

 

元々iOSディバイスは、バッテリーの劣化に応じてパフォーマンスが制限されておりましたが、「iOS 11.2.2」を抵抗するとよりパフォーマンスが低下することが予想されます。

 

 

 

 

パフォーマンスは下がるが「iOS 11.2.2」は適応するべき

「iOS 11.2.2」を適応するとiOSディバイスのパフォーマンスが低下することは間違いないでしょう。

 

 

 

しかし、「iOS 11.2.2」には現在世間を騒がせているCPUの不具合が修正されております。

 

 

 

 

この問題は、CPUにあるキャッシュファイルへアクセスし、パスワードなどを不正に取得できてしまうことが報告されております。

 

 

Appleは、先日にiOSのみならずmacOS向けにもセキュリティーパッチとしてアップデートを配信しております。

 

 

 

 

これは、Appleだけではなく「Windows」を提供しているMicrosoftなど様々な企業が同様の対応を施している。

 

 

次世代CPUでは、CPU本体で問題を解決できるようになるため、パフォーマンスの低下には繋がりませんが、現行のCPUではパフォーマンス の低下はどうしようもないようです。

 

 

このことからセキュリティー面を考慮し、パフォーマンスが落ちてでも「iOS 11.2.2」を定期王することが推奨されております。

[Melv1n]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)