TOP

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2018年7月17日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proは2011年以来の大幅なスペックアップであることが判明

2018年7月17日にAppleから発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」モデルのスペックの伸び幅が、2011年...

2018年7月17日 | テクノロジー

Apple、バタフライキーボードの無償修理プログラムで第3世代への交換は行わない!?

2018年7月17日にAppleが、バタフライキーボードの第1世代と第2世代を対象としている無償修理プログラムでは、第3世代のバタフライキー...

2018年1月11日

またもや!?macOSでシステム環境設定でパスワード無しでログインできる不具合が見つかる

2018年1月11日にMacに搭載されているOSである「mac OS High Sierra 10.13.2」にて、「Apple Store」のシステム環境設定へパスワード無しでログインできてしまう不具合が見つかったことが判明しました。

 

 

macOS、Apple Storeのシステム環境設定へパスワード無しでログインできる不具合が見つかる

2018年1月11日にAppleから販売されているパソコンであるMacへ搭載されているOS「mac OS High Sierra 10.13.2」にて、パスワードなしでログインできる不具合が報告されております。

 

 

 

 

今回の問題は、macOSに搭載されているシステム環境設定の「Apple Store」にて起きていることが発覚している。

 

 

システム環境設定の「Apple Store」へセクションにパスワードを入力しなくてもロックを解除できると報じられております。

 

 

Apple Storeのセクションへ不正アクセスする方法

システム環境設定の「Apple Store」へ不正アクセスする方法は誰でも簡単にアクセスできるようだ。

 

 

報じられている「Apple Store」のセクションへアクセスする手順は以下の通りとなっております。

 

 

  1. システム環境設定を開く
  2. Apple Storeへ遷移し、セクションを開く
  3. 左下にある鍵アイコンを押下
  4. Apple Storeへ不正アクセスが完了

 

 

この通り、不正アクセスする方法は4つの手順で簡単にアクセスできてしまうことがわかります。

 

 

Appleは、この問題を「macOS High Sierra 10.13.3」のベータ版にて修正していることが判明している。

 

 

その為、正式バージョンである「macOS High Sierra 10.13.3」にて本不具合が修正されていることが予想されております。

 

 

なお、システム環境設定の「Apple Store」へ不正アクセスされてもセクションの設定には危険性のある項目がないため、被害は少ないようです。

 

 

Appleは2017年11月にもシステム環境設定の不正アクセスの不具合が見つかっている

Appleは、2017年11月にもシステム環境設定へ不正アクセスできてしまう不具合が報告されております。

 

 

 

 

この不具合も、特別な技術を持ち合わせていなくても簡単にパスワード無しでログインできてしまうことが報じられている。

 

 

「macOS High Sierra」のリリース後、システム環境設定で不正アクセスができてしまう不具合がすでに2件報告されております。

 

 

その為、「macOS High Sierra」は不具合が多いOSとして一般ユーザーに認知されてしまっているようです。

 

 

これを受けてApple側も、しばらくは新機能の追加ではなくバグ修正バージョンをリリースし続けることが予想されます。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)