TOP

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月10日

Apple、次期iOSへ子供向け制限機能の追加を検討へ

2018年1月10日にAppleが、次期iOSにて子供を守るための制限機能を実装予定であることが明らかとなりました。

 

また、ペタレンタルコントロール機能の改善も視野に検討しているようです。

 

 

Apple、次期iOSへ子供向け制限機能を追加か

2018年1月10日にAppleが、次期iOSへ子供向け制限機能を追加予定であることが明らかとなりました。

 

 

 

Appleの株主であるJana PartnersとCalifornia State Teachers’ Retirement Systemは、近年スマートフォンがもたらす依存問題を指摘しております。

 

 

同氏は、Appleに対して高会場を発信し、子供たちがスマートフォン依存による将来への危険性を訴えていることが発覚しております。

 

 

Appleは、株主からの要望であるため次期iOSへ子供向け制限機能を追加することが検討されているようだ。

 

 

スマートフォン依存による子供達の将来への危険性

Jana PartnersとCalifornia State Teachers’ Retirement Systemが訴えたスマートフォン依存問題は、世界的な問題として取り上げられております。

 

 

教育現場では、教室でスマートフォンを操作し注意される子供の件数が増加傾向にあるデータが挙げられている。

 

 

また、スマートフォンの依存により学習への集中力が衰え、社会的なダメージとなることが懸念されているようだ。

 

 

中でも、中学2年生頃からソーシャル・ネットワーキング・サービスへの依存性が高まり、うつ病のリスクが高くなる傾向になるようだ。

 

 

スマートフォンの依存問題は、これだけでは収まらず子供たちがスポーツなどで体を動かす時間や、人と人で話すコミュニティケーションの時間などが削減されていることが判明している。

 

 

2つの巨大株主からの要望のためAppleは無視することができない

今回スマートフォンへ子供向け制限機能の追加を訴えたJana PartnersとCalifornia State Teachers’ Retirement Systemは、Appleの株を多く所持しております。

 

 

同氏達だけでAppleの株を合計20億ドル(日本円で約2,200億円)も所持している大株主であることが報じられております。

 

 

元々、Appleとしても子供がスマートフォンを扱うことによる影響を認知しており、iOSへペアレンタルコントロールによる不適切コンテンツを表示させないようにしている。

 

 

これらの出来事から、Appleは次期iOSのアップデートにより、子供がスマートフォン依存を軽減させるための新機能を導入することがほぼ決定されたようです。

[MacRumors]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)