TOP

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2020年10月13日 | テクノロジー

Amazon Prime Day(プライムデー)、Echo Dotが64%OFFの1980円など

2020年10月13日にAmazonが、毎年開催している「Amazon Prime Day」を開催ししました。   イ...

2018年1月7日

iPhoneの古いバッテリーは他のApple製品には影響しないことが判明

2018年1月7日にiPhoneに搭載されているバッテリーの劣化によりパフォーマンスが制限されている問題について、他のApple製品は該当しないことが明らかとなりました。

 

 

iPhoneの古いバッテリー問題は他のApple製品には影響せず

2018年1月7日にAppleが抱えている「iPhoneに搭載されているバッテリーの劣化具合に応じてOSレベルでパフォーマンスを制限している」問題が、他のApple製品に影響しないことが明らかとなりました。

 

 

 

Appleは、現在iPhoneのバッテリー劣化により意図的にパフォーマンスを制限していた問題について、謝罪とバッテリー交換費用の値下げで対応しております。

 

 

この対応は全世界が対処となっており、すでに日本でもバッテリー交換費用の値下げが実施されております。

 

 

 

 

Appleは、のバッテリー問題の説明にて、パフォーマンスの制限を設けているのはiPhoneのみであることを記述しております。

 

 

 

このことからパフォーマンスの制限対象となっているディバイスは、iPhoneのみであることが明らかだ。

 

 

これにより、「iPad」や「iPod Touch」もバッテリー劣化によるパフォーマンスの制限が設けられていないことが判明しました。

 

 

制限対象はiOS 10.2.1を搭載したiPhone 6以降のiPhone

バッテリー劣化によりパフォーマンスが制限する機能は、2017年1月にリリースされた「iOS 10.2.1」にて実装されているようです。

 

 

また、2017年12月に公開された「iOS 11.2」でも同様の機能が含まれているようです。

 

 

各iOSとiPhoneごとでパフォーマンスが制限されたタイミングは以下の通りとなっております。

 

iOS 10.2.1

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE

iOS 11.2

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

 

このことから、「iPhone 6」で「iOS 10.2.1」を搭載していた場合はバッテリー劣化によるパフォーマンス制限が設けられていないことがわかります。

 

 

AppleのWEBページには、「iOS 11.2」は「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を対象として機能が実装されていると記述されておりますが、恐らく「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」もこのタイミングからパフォーマンスの制限が設けられていることが予想されております。

 

パフォーマンスが制限された場合に起きる現象

「iOS」によりパフォーマンスが制限された場合、以下のような現象がiPhoneに起きるようです。

 

  • App の起動に時間がかかるようになった。
  • スクロール中のフレームレートが低くなった。
  • バックライトが暗くなった (コントロールセンターで設定の変更が可能)。
  • スピーカーの音量が小さくなった (最大でマイナス 3dB)。
  • 一部の App でフレームレートが徐々に低下する。
  • さらに極端な場合は、カメラのフラッシュがカメラの UI に表示されているにもかかわらず使用できなくなった。
  • バックグラウンドで更新されるはずの App が起動中に再読み込みされる場合がある。

 

 

これらの現象が起きた場合は、新しいiPhoneへ乗り換えるか、Appleから案内されているバッテリー交換プログラムを受ける必要があります。

 

 

2018年中であれば、iPhoneのバッテリー費用が3,200円で受け付けることが可能です。

 

 

なお、バッテリー交換費用の値下げ対象となっている各iPhoneは以下の通りとなっております。

 

  • iPhone SE
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7s Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

 

これらのディバイスを所持し、パフォーマンスの制限が感じられた場合は、バッテリー交換を行うことが推奨されております。

 

 

しかし、パフォーマンスの制限の対象となっていない機能もありますので、交換する際は以下の制限の対象となっていない機能も確認する必要があります。

 

  • 通話品質やネットワークスループット
  • 撮影した写真やビデオの品質
  • GPS のパフォーマンス
  • 位置情報の精度
  • ジャイロスコープ、加速度センサー、気圧計などのセンサー
  • Apple Pay

 

[Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)