TOP

2018年1月24日 | テクノロジー

2018モデルの6.1インチiPhoneのスペックがリークされる

2018年1月24日にAppleから販売予定の2018年モデルの6.1インチiPhoneに関するスペックがリークされていることが明らかとなり...

2018年1月23日 | テクノロジー

Apple、アプリテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」をリリース

2018年1月23日にAppleが、アプリケーションのテストを行うアプリベータテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」を正...

2018年1月23日 | テクノロジー

ソフトバンク、MVNO向けにテザリング機能を開放へ – 今年の春からスタート

2018年1月23日にソフトバンクが、同社の回線を利用する通信会社MVNO向けに、2018年春よりテザリング機能を開放することを正式に発表い...

2018年1月23日 | テクノロジー

iPhone版HomePod(ホームポッド)設定画面のスクリーンショットがリーク

2018年1月23日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod(ホームポッド)」のiPhone版設定画面のスクリーンショッ...

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月7日

HDRの次世代規格「HDR10+」を搭載した製品がまもなく販売開始か

2018年1月7日にHDR(ハイダイナミックレンジ)映像の次世代規格である「HDR10+」に対応した背品が間もなく登場することが明らかとなりました。

 

 

HDRの次世代規格「HDR10+」対応製品がもうすぐ登場

2018年1月7日にHDR(ハイダイナミックレンジ)の次世代規格である「HDR10+」に対応した背品が間もなく登場することが明らかとなりました。

 

 

 

「HDR+10(ハイダイナミックレンジ)」は、パナソニックやSamsung、20世紀フォックスが主神する映像の共同企画として開発されております。

 

 

米国時間2018年1月5日には、パナソニックらが「HDR10+」の進捗状況と新しいロゴを公開しました。

 

 

発表の中には、「HDR10+」規格が間もなくテレビやBlu-rayディスクプレイヤーへの対応が行われることが発表されました。

 

 

すでにコンテンツ会社やセットトップボックスの製造会社、SoC製造会社などを対象としてライセンスを開始しているようだ。

 

 

ライセンスは、Amazonが提供している「Amazon Prime Video」が対応するほか、「Warner」も2018年に「HDR10+」対応作品の販売が決定している。

 

 

HDR+で何が変わる??

現在普及している「HDR10」は、静的なトーンマッピングを行うのに対して、「HDR10+」は、動的なトーンマッピングを行います。

 

 

その為、「HDR10+」はシーンに合わせて適切なトーンマッピングを行える点が特徴的となっております。

 

 

「HDR10+」では、この動的にトーンマッピングを行うことを「ダイナミックトーンマッピング」と呼んでいる。

 

 

また「HDR10+」では、フレーム間またはシーンの輝度、彩度、コントラストに応じてシーンバリエーションを反映し、画像を最適化することが可能とななる。

 

 

「HDR10+」はディバイス認証プログラムで対象機器を認識し、コンテンツ制作者の意図する表現を実現することを保証している。

 

 

Amazon Prime Videoは全てのHDR作品をHDR10+へ移行

Amazonによると、現在も提供しているサービス「Amazon Prime Video」にて「HDR10+」に対応することを発表しております。

 

 

現在提供している全てのHDR作品を「HDR10+」へ変換して利用を可能とするようだ。

 

 

これにより、グランド・ツアーなどといった作品が「HDR10+」へ対応することが決定しております。

 

 

2018年移行は、次世代規格「HDR10+」と4Kコンテンツが主流となり、動画配信サービスがより激戦区になることが予想されております。

 

 

近年流行している「4K」もすでにより細かい「6K」や「8K」などと言った単語が飛び交っており、対応機器を購入するタイミングが難しくなっております。

 

 

いずれにせよ、2018年度中に「HDR10+」に対応した機器が店頭に並ぶため、足を運んで見てはいかがでしょうか。

[AV Watch]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)