TOP

2018年7月15日 | テクノロジー

Windowsの「メモ帳」がようやくアップデート!LFとCRのサポートなど

2018年7月15日にMicrosoftが、次期「Windows 10」のアップデートにて、「メモ帳」の機能を数年ぶりに拡張機能を追加するこ...

2018年7月15日 | テクノロジー

バタフライキーボードは第3世代と第2世代でどれほど静かになったのか?

2018年7月15日にAppleが、「Macbook Pro Touch Bar 2018」へ搭載した第3世代のバタフライキーボードが旧モデ...

2018年7月14日 | テクノロジー

Apple、第3世代のバタフライキーボードへホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用

2018年7月14日にAppleが、「iPad Pro 2018 Touch Bar」モデルへ採用した第3世代のバタフライキーボードへシリコ...

2018年7月14日 | テクノロジー

Apple、まもなく「iPad Pro 2018」と「iPhone 9/11」を販売開始か

2018年7月14日にAppleが、ユーラシア経済連合(EEC)へ「iPad Pro 2018」と思われるディバイスがデータベースに登録され...

2018年7月13日 | テクノロジー

第3世代のバタフライキーボードではホコリが入ると機能しない不具合は解決されていないかもしれない

2018年7月13日にAppleから発表された「Macbook Pro 2018」に搭載されている第3世代のバタフライキーボードでは、ホコリ...

2018年7月13日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのMacbook Proを発表!メモリ32GB、ストレージ4TB対応へ

2018年7月12日にAppleが、同社のWEBページにて突如新型「Macbook Pro」を発表していることが明らかとなりました。 ...

2018年1月7日

HDRの次世代規格「HDR10+」を搭載した製品がまもなく販売開始か

2018年1月7日にHDR(ハイダイナミックレンジ)映像の次世代規格である「HDR10+」に対応した背品が間もなく登場することが明らかとなりました。

 

 

HDRの次世代規格「HDR10+」対応製品がもうすぐ登場

2018年1月7日にHDR(ハイダイナミックレンジ)の次世代規格である「HDR10+」に対応した背品が間もなく登場することが明らかとなりました。

 

 

 

「HDR+10(ハイダイナミックレンジ)」は、パナソニックやSamsung、20世紀フォックスが主神する映像の共同企画として開発されております。

 

 

米国時間2018年1月5日には、パナソニックらが「HDR10+」の進捗状況と新しいロゴを公開しました。

 

 

発表の中には、「HDR10+」規格が間もなくテレビやBlu-rayディスクプレイヤーへの対応が行われることが発表されました。

 

 

すでにコンテンツ会社やセットトップボックスの製造会社、SoC製造会社などを対象としてライセンスを開始しているようだ。

 

 

ライセンスは、Amazonが提供している「Amazon Prime Video」が対応するほか、「Warner」も2018年に「HDR10+」対応作品の販売が決定している。

 

 

HDR+で何が変わる??

現在普及している「HDR10」は、静的なトーンマッピングを行うのに対して、「HDR10+」は、動的なトーンマッピングを行います。

 

 

その為、「HDR10+」はシーンに合わせて適切なトーンマッピングを行える点が特徴的となっております。

 

 

「HDR10+」では、この動的にトーンマッピングを行うことを「ダイナミックトーンマッピング」と呼んでいる。

 

 

また「HDR10+」では、フレーム間またはシーンの輝度、彩度、コントラストに応じてシーンバリエーションを反映し、画像を最適化することが可能とななる。

 

 

「HDR10+」はディバイス認証プログラムで対象機器を認識し、コンテンツ制作者の意図する表現を実現することを保証している。

 

 

Amazon Prime Videoは全てのHDR作品をHDR10+へ移行

Amazonによると、現在も提供しているサービス「Amazon Prime Video」にて「HDR10+」に対応することを発表しております。

 

 

現在提供している全てのHDR作品を「HDR10+」へ変換して利用を可能とするようだ。

 

 

これにより、グランド・ツアーなどといった作品が「HDR10+」へ対応することが決定しております。

 

 

2018年移行は、次世代規格「HDR10+」と4Kコンテンツが主流となり、動画配信サービスがより激戦区になることが予想されております。

 

 

近年流行している「4K」もすでにより細かい「6K」や「8K」などと言った単語が飛び交っており、対応機器を購入するタイミングが難しくなっております。

 

 

いずれにせよ、2018年度中に「HDR10+」に対応した機器が店頭に並ぶため、足を運んで見てはいかがでしょうか。

[AV Watch]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)