TOP

2018年1月23日 | テクノロジー

Apple、アプリテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」をリリース

2018年1月23日にAppleが、アプリケーションのテストを行うアプリベータテストプラットフォーム「TestFlight 2.0.1」を正...

2018年1月23日 | テクノロジー

ソフトバンク、MVNO向けにテザリング機能を開放へ – 今年の春からスタート

2018年1月23日にソフトバンクが、同社の回線を利用する通信会社MVNO向けに、2018年春よりテザリング機能を開放することを正式に発表い...

2018年1月23日 | テクノロジー

iPhone版HomePod(ホームポッド)設定画面のスクリーンショットがリーク

2018年1月23日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod(ホームポッド)」のiPhone版設定画面のスクリーンショッ...

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月7日

トヨタ、パナソニックと共同し本格的にEV自動車へ乗り出す

2018年1月7日にトヨタ自動車が電気だけで走行可能なEV自動車へ搭載される電池でパナソニックと協業検討で同意し、本格的にEV自動車の開発に乗り出したことが明らかとなりました。

 

 

トヨタとパナソニックが手を組み電気自動車を開発

2018年1月7日にトヨタ自動車が、電気だけで走行可能な電気自動車こをEV自動車へ搭載するバッテリー開発をパナソニックとの協業検討で同意したことが明らかとなりました。

 

 

 

トヨタ自動車は、EV自動車へ搭載するバッテリーをパナソニックと共同開発し、2018年は提携関係で進めていくことを発表しております。

 

 

パナソニックは、乾電池「エネループ」で大きな実績を挙げており、EV自動車の心臓部であるバッテリーへ大きな影響をあたえることが出来る。

 

 

EV自動車の第2の心臓とも言えるモーターは、すでにHV(ハイブリッド)やPHV(プラグインハイブリッド)により実績を挙げている。

 

 

その為、トヨタ自動車はEV自動車に必要な要素を解決し、海外の自動車メーカーと対抗できる力を手に入れることになる。

 

 

2025年にはエンジン自動車を廃止

トヨタ自動車は、日産自動車と異なりEV自動車産業に大きく乗り遅れているイメージが定着しておりました。

 

 

海外の自動車メーカーであるテスラを筆頭に自動車メーカーはEV自動車への移行を進めているのにも関わらず、トヨタ自動車は依然としてHV(ハイブリッド)カーやPHV(プラグインハイブリッド)カーを主体とした戦略を行っている。

 

 

そして、2017年12月にトヨタ自動車は電動化戦略(EV自動車)の説明会を開き、2025年ごろにエンジン主体の自動車を廃止することを発表している。

 

 

その為、2025年からはトヨタの自動車ラインアップからエンジン車両が0になるようだ。

 

 

トヨタ自動車は、2030年までにEV自動車に搭載されるバッテリーの開発・生産に約1兆5,000億円を投資することを発表しております。

 

 

残る課題は自動運転のみ

トヨタ自動車が乗り遅れている事業の一つに「自動運転」が挙げられております。

 

 

自動運転事業も同じくEV自動車で有名なテスラを筆頭に市場が開拓されております。

 

 

「自動運転」も日産自動車を初めホンダや衝突回避に力を入れているスバルがすでに着手し始めております。

 

 

その為、「自動運転」分野においてもトヨタ自動車が出遅れているイメージが強い。

 

 

しかし、日本の自動車メーカーが現在達成できている自動運転化レベルは精々2で留まっている。

 

 

唯一日産自動車が自動運転化レベル3まで届きそうだが、現時点では限りなく2に近い、

 

 

各自動車メーカーは、2020年を目処にある程度の自動運転化を目指していることを発表している。

 

 

このことから、2025年のトヨタ自動車は自動運転化を実現させたEV自動車を登場させる予定だ。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)