TOP

2020年5月5日 | テクノロジー

Apple、Macbook Pro 13インチ 2020年モデルを正式発表!マジックキーボード搭載で価格も値下げへ

2020年5月4日にAppleが、同社の公式サイトにて「Macbook Pro 13インチモデル」を正式発表したことが明らかとなりました。 ...

2020年4月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE Plusを2021年3月に発表か

2020年4月21日にAppleが、「iPhone SE」の大型版である「iPhone SE Plus」を来年の3月に販売する可能性が明らか...

2020年4月16日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 第2世代を正式発表-iPhone 8によく似ている

2019年4月16日にAppleが、噂されていた「iPhone SE(第2世代)」を正式発表したことが明らかとなりました。  ...

2020年4月8日 | ゲーム

PlayStation 5(PS5)のワイヤレスコントローラーDualSenseが初公開

2020年4月8日にSONYが、今年の末に販売を予定している「PlayStation 5(PS5)」のワイヤレスコントローラー「DualSe...

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2018年1月3日

iPhone XのSuper Retinaディスプレイは業界最高レベルで焼付きが低減されている

2018年1月3日にAppleから販売されている「iPhone X(アイフォンテン)」に搭載されている「Super Retina」ディスプレイが、業界最高レベルで画面の焼付き問題を低減していることが明らかとなりました。

 

 

iPhone XのSuper Retinaディスプレイは、画面の焼付きを極限まで低減

2018年1月3日にAppleから販売されている「iPhone X」に搭載されている「Super Retina」ディスプレイが、極限まで画面の焼付き問題を低減していることが判明しました。

 

 

 

「iPhone X」は、これまでの液晶ディスプレイによる「Retinaディスプレイ」ではなく、有機ELによる「Super Retinaディスプレイ」を採用しております。

 

 

液晶ディスプレイから有機ELディスプレイへ変更することで、iPhoneは以下のメリットを得ることができます。

 

  • コントラストの向上
  • 消費電力性能の向上
  • 黒色がはっきりする
  • ベゼルレスデザインなどの奇抜なデザインへの応用
  • ディスプレイのドット抜けが起きない

 

 

対して、有機ELディスプレイを採用することで以下のデメリットが発生してしまいます。

 

 

  • 生産コストの向上
  • 販売価格の向上
  • 生産難易度の向上
  • コントラストが寿命により低減
  • 画面が焼き付く

 

中でも、有機ELディスプレイのデメリットで際立って目立つ「画面の焼き付き」問題について、「iPhone X」は業界最高レベルで低減していることが判明しております。

 

 

有機EL搭載スマートフォンでの比較

有機ELディスプレイを採用しているスマートフォンは、「iPhone X」の他にSamusungの「Samsung Galaxy S7 Edge」と「Samsung Galaxy Note 8」が挙げられます。

 

 

韓国のメディアサイト「Cetizen」が、それぞれのディバイスの画面の焼付き問題をテストした結果、「iPhone X」が最も画面の焼付きを低減していることが判明しました。

 

 

 

 

動画の中では、「Samsung Galaxy S7 Edge」と「iPhone X」と「Samsung Galaxy Note 8」の順番に23日間同じ画面を表示し続けた結果が公開されております、

 

 

 

一番下の「Samsung Galaxy Note 8」については、表示されていた文字ははっきりとディスプレイに焼き付いてしまっていることがわかります。

 

 

一番上の同じGalaxyシリーズである「Samsung Galaxy S7 Edge」は、一見画面の焼付きが一番低減されているように見えますが、Android特有のメニューバーがはっきりと焼き付いてしまっている。

 

 

最後に真ん中の「iPhone X」は、薄っすらと画面の焼付きが起きているものの、文字などは読めない程度に収まっている。

 

iOSレベルで画面の焼付きを制限!?

Appleは、「iPhone X」に搭載している「iOS 11」にて、Super Retinaディスプレイの長期利用により劣化を極限まで抑えていると報じられております。

 

 

さらにディスプレイの表現力を長持ちするよう工夫が施されており、しっかりと有機EL対策がOSレベルで行われているようだ。

 

 

しかし、Apple自身が有機ELのデメリットを完全にカバーしていないことを認識しており、同社の公式WEBページにてSuper Retinaディスプレイに関する注意点を公開しております。

 

 

 

 

ここまでOSレベルで有機ELのサポートができていれば、「iPhone X」の有機ELのデメリットを気にせずに長期的な活用が望めそうです。

[Cetizen]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)