TOP

2018年4月22日 | テクノロジー

Microsoft、エクスプローラーへ「ダークモード」を追加か

2018年4月22日にMicrosoftが、Winodwsのファイルエクスプローラーへ「ダークモード」を追加することを検討していることが明ら...

2018年4月22日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 2をまもなく販売開始!?-すでに量産開始か

2018年4月22日にAppleが、「iPhone SE」の後継機である「iPhone SE 2」の生産をすでに開始していることが明らかとな...

2018年4月21日 | テクノロジー

Apple、macOS 10.14で「ダークモード」をサポートか

2018年4月21日にAppleが、次期macOSである「macOS 10.14」にて「Dark Mode(ダークモード)」をサポートする可...

2018年4月21日 | テクノロジー

iOS 12はiOS 11と同様にiPhone 5s以降をサポートか

2018年4月21日にAppleが、次期iOSである「iOS 12」のサポートディバイスを「iPhone 5s」以降とする可能性が浮上してき...

2018年4月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 2からイヤホンジャックを廃止するかもしれない

2018年4月21日にAppleが、「iPhone SE」の後継機である「iPhone SE 2」にて、イヤホンジャックを廃止する可能性が浮...

2018年4月20日 | テクノロジー

ティム・クック氏、今後もiOSとmacOSの統合は無いと宣言

2018年4月20日にAppleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏が、今後もiOSとmacOSを統合する予定は無いとコメントし...

2017年12月29日

Google、タブレットPixel Cの販売を終了へ – 今後はPixelbookに注力

2017年12月29日にGoogleが、同社ブランドのPixelシリーズのタブレットである「Google Pixel C(グーグルピクセルシー)」の販売を終了したことが明らかとなりました。

 

 

今後は、ノートPC型である「Pixelbook」に注力していくようです。

 

 

Google、タブレット「Google Pixel C」の販売を終了へ

2017年12月28日にGoogleが、同社オリジナルブランドであるPixelシリーズとして販売されていたタブレッド「Google Pixel C」の販売を終了したことが明らかとなりました。

 

 

 

 

 

メディアサイト「Android Police」によると、Googleは米国時間2017年12月28日に同社のオンラインストアにて「Google Pixel C」の販売を終了したことが報じられております。

 

 

Pixelシリーズの一部では、「Google Pixel 2」などのマイナーチェンジが施されておりましたが「Google Pixel C」は後継機が販売されることは無く、幕を下ろしたことになります。

 

 

Google純正のタブレッドであっただけあり、「Google Pixel C」の販売終了を悲しむユーザーが多くいらっしゃるようです。

 

 

Google純正製品の販売終了後のサポートはどうなる?

Pixelシリーズに問わず、Nexusシリーズを含むGoogle純正ブランドのAndroidディバイスは最低でも2年下のOSのアップデートが保証されております。

 

 

「Google Pixel C」が販売されたのは、2015年12月8日であるため最低でも2017年12月8日まで最新のOSのがサポートされることになる。

 

 

その為、今年リリースされたAndroid 8.0こと最新バージョン「Android Oreo」がサポートされることになります。

 

 

もちろん「Android Oreo」の適応後も、同製品のセキュリティーアップデートも定期的に配信されることになります。

 

 

しかし、2019年に次期Android OSである「Android 9.0」が「Google Pixel C」へ適応される可能性は低いと予想されます。

 

 

Google Pixel CはPixelbookへ置き換えられる

販売が終了された「Google Pixel C」ですが、同じくGoogleから販売されている「Pixelbook」が同じポジションとして販売されていくようだ。

 

 

もちろん「Pixelbook」は、「Google Pixel C」の後継機として開発されたディバイスではありません。

 

 

「Pixelbook」は、「Chromebook」の後継機として開発されたディバイスであり、あくまでも「Google Pixel C」とは別物として開発・販売されておりました。

 

 

両ディバイスは名前は違えど「Google Pixel C」と「Pixelbook」のマーケット層は同一であり、Google製品同士で競合していたことに変わりはないだろう。

 

 

しかし、価格面では「Google Pixel C」がキーボード付きで599ドル(約6万7,600円)であるのに対し、「Pixelbook」は999ドル(約11万2,600円)と倍近く価格が異なります。

 

 

やはりユーザー目線で考えると、廉価版として「Google Pixel C」が存在していたが望ましかったのではないでしょうか。

[Android Police]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...