TOP

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2020年10月15日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列シートが12月より販売開始か

2020年10月15日にテスラが、ミドルサイズSUVである「Tesla Model Y」の3列シートを11月より製造を開始し、12月初めに販...

2020年10月14日 | テクノロジー

iPhone 12、miniとProシリーズが登場!5Gに対応しiPhone SEより小さく

2020年10月14日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 12」と「iPhone 12 min」、「iPhone 12 P...

2020年10月13日 | テクノロジー

Amazon Prime Day(プライムデー)、Echo Dotが64%OFFの1980円など

2020年10月13日にAmazonが、毎年開催している「Amazon Prime Day」を開催ししました。   イ...

2017年12月25日

Apple、課金アイテムなどの「ガチャ」の出現率を提示するよう規約を変更

2017年12月24日にAppleが、「ガチャ」などの課金アイテムの出現率を事前提示するようApp Storeの規約を変更したことを発表致しました。

 

 

Apple、アイテムの出現率の提示を求める

2017年12月24日にAppleが、App Storeの規約にて課金アイテムなどをゲットできる「ガチャ」などのランダム当選確率を事前に提示するよう求めていることが明らかとなりました。

 

 

 

 

ゲームアプリケーションに多く取り入れられているランダムで課金アイテムなどをゲットできる「ガチャ」は、消費者と運営者の間でトラブルが勃発しております。

 

 

中には、「ガチャ」の出現率を操作していないことを証明するためにシステムのソースコードを提示する運営業者も現れましたが、それでもトラブルは相次いであるようです。

 

 

これを受けてApple側から、運営側に事前にアイテムの出現率を提示させることで、消費者とのトラブルの緩和を図ったようだ。

 

 

App Storeに加えられた規約

今回追加されたApp Storeの規約は、「3.1.1 App内課金」の項目となります。

 

 

2017年12月24日11時点では、更新された項目は英語版であり、まだ日本語版は更新されていないようだ。

 

 

なお、「3.1.1.App内課金」には以下の文言が追加されております。

 

 

「ルートボックス」もしくは、ランダム化された架空アイテムを購入するために提供するメカニズムは、購入前に消費者に対してアイテムの出現率を開示しなければならない。

 

 

ここで登場している「ルートボックス」とは、日本のゲームアプリケーションの多くに採用されている「課金アイテム」に該当します。

 

 

「ガチャ」については、「架空アイテムを購入するために提供するメカニズム」に該当しており、事前にユーザーへアイテムの出現率を開示するよう記述されております。

 

 

アイテム出現率の信憑性は定かではない

Appleが規約にて、課金アイテムの出現率を事前に開示するよう規約に追加しましたが、ユーザーが本当に出現率が正しいのか確かめる術がありません。

 

 

最近では、OURPALMの「THE KING OF FIGHTERS ’98 ULTIMATE MATCH Online」にて出現率を「3%」と提示していたが、実際は大きく下回った出現率であったことが明らかとなっております。

 

 

今後は、出現率が提示されている数値と異なる場合、規約違反となるためAppleから何かしらの対処が施されることになります。

 

 

しかし、消費者が課金アイテムの出現率を知るすべがないため、あくまでも抑止力としての規約となりそうです。

[Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)