TOP

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。  ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2017年12月7日

6秒動画「Vine(バイン)」が「Vine 2(バイン2)」として復活か

2017年12月7日に6秒動画の共有ざービス「Vine(バイン)」が、「Vine 2(バイン2)」として復活する可能性が浮上してきました。

 

 

Vine、Vine 2として復活を遂げるのか!?

2017年12月7日に6秒動画で有名な「VINE」が、「VINE 2」として復活する可能性が浮上してきました。

 

 

「Vine」の創業者であるDom Hofmann氏、「Vine」の後続サービスを準備していると発表しております。

 

 

そして、同氏が「Vine」のロゴの横に「2」を付け加えた「Vine 2」と思われる新しいロゴを公開している。

 

 

 

 

このことから、同氏が「Vine 2」の開発に取り組んでいる可能が非常に高いことがわかります。

 

Vineが終了した理由は?

「Vine」の終了は、運営元であるTwitterが2016年10月27日に提供を終了することを発表しております。

 

 

「Vine」がリリースされたのは2012年1月頃で、元々1つのサービスとして運営されておりました。

 

 

そして、2013年1月にはiOS向けアプリーケーションをリリースしたことにより、1億人以上のユーザー数を獲得しております。

 

 

当時の「Vine」は、FacebookやTwitterなど他のソーシャル・ネットワーキング・サービスとの連携が容易であったため、非常に拡散されやすい環境にありました。

 

 

しかし、Twitterが「Vine」を買収した後、交渉の相次ぐ失敗やインフルエンサーの他のサービスへの流出など様々なトラブルが起きております。

 

 

また、Twitter自身が動画配信に対応したことで、「Vine」を運営する必要がなくなり、サービスの終了へ至ったことが予想されております。

 

 

Vineが復活するとどうなる?

当時の「Vine」で動画を配信していたユーザーのことは「Viner」と呼ばれておりました。

 

 

「Viner」の多くは、サービス終了後にTwitterやYouTubeなど他の媒体へ移行している傾向にあります。

 

 

また、現在はTwitterでも動画配信やライブ配信などに対応していることから、「Vine 2」が他のソーシャル・ネットワーキング・サービスとの差別化を図るのは難しい。

 

 

また、有名「Viner」は広告収入が得られるYouTubeへ移行しており、「Vine 2」へ戻ってくるメリットは大きくない。

 

 

Hofmann氏は、「Viner 2」に関する詳細な情報をまだ公開しておりませんが、同氏が新しいサービスを準備中であることは確かだと言えます。

[Twitter]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)