TOP

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。  ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2017年12月3日

Apple、Face IDが取得した顔情報をデベロッパーへ提供か

2017年12月3日にAppleが、「iPhone X」に搭載されている「TrueDepthカメラ」で取得した顔情報をデベロッパーへ公開する可能性が浮上してきました。

 

 

 

Apple、顔情報をデベロッパーへ提供か

2017年12月3日にAppleが、「iPhone X」の顔認証システム「Face ID」で利用している「TrueDepthカメラ」から得た顔情報をデベロッパーへ公開する可能性が浮上してきました。

 

 

 

Appleは、「TrueDepthカメラ」から得た顔情報は、52本からなる線で構成された顔の「数学的表現」であるとコメントしている。

 

 

その為、「TrueDepthカメラ」から得られる顔情報が悪用される心配はないことを発表しているようです。

 

 

顔情報はプライバシーの権利を害する

Appleから顔情報をデベロッパーへ提供されることは、ユーザーのプライバシーの権利を害する行為ではないかと言った意見が挙がってきております。

 

 

Appleが指紋認証システム「Touch ID」をリリースした直後は、プライバシーの尊重を強く主張しておりましたが、「Face ID」が発表されてからはプライバシーについて一切触れられていない。

 

 

「iOS 11」では、アプリケーションがカメラへアクセするためにはユーザーからの許可が必要となります。

 

 

その為、顔情報を利用したデータを取り扱う場合、必ずユーザーからの許可が必要になるわけだ。

 

 

またAppleは、顔情報を取り扱うアプリケーションを厳重に取り締まるとコメントしているが、ブラックマーケットにて第3者へ顔情報が売買される可能性が指摘されております。

 

 

Appleだからこそ顔情報を公開できるのかも!?

Appleではなく、Googleから提供されている「Google Play」で考えてみると、アプリケーションの審査基準が低いため、悪意のあるアプリケーションが多く混在している。

 

 

また、Android端末は「Google Play」で提供されていないアプリケーションも活用することができるため、知らない間に個人情報が抜かれる事件も報告されております。

 

 

対してAppleから提供されている「iOS」は、脱獄をしない限り「App Store」にあるアプリケーションしか利用することができません。

 

 

さらに「App Store」にてアプリケーションを公開するためには、Appleの厳しい審査を乗り越えなくてはならない。

 

 

このことからたとえAppleがデベロッパーへ「TrueDepthカメラ」から得た情報を提供しても悪用される可能性は低いことが予想されております。

 

 

ですが、顔情報がデベロッパーへ提供されるのはプライバシーの権利に害する行為なので、Appleはユーザーとの和解が必要だと思われます。

[The Washington Post]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)