TOP

2021年2月17日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、日本でもモデル3の値下げを実施!最大で156万円も!

2021年2月17日にテスラジャパンが、日本でも「Tesla Model 3」の大幅な値下げを実施したことが明らかとなりました。 &n...

2021年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro 8を2021年10月に発表か-デザイン変更も

2021年2月15日にMicrosoftが、タブレットPCである「Surface Pro 8」を早ければ2021年10月頃に発表する可能性が...

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2017年11月30日

AWS、新機能としてAuroraとDynamoDB、Neptuneを発表へ

米国時間2017年11月29日にAmazonが運勢しているAmazon Web Services(AWS)の新機能として「Aurora」と「DynamoDB」、フルマネージド型のグラフデータベース「Neptune」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

AWS、新機能を発表へ

米国時間2017年11月29日にAmazonが、ネバダ州ラスベガスで開催中のイベント「re:Invent」にて、Amazon Web Services(AWS)に関する発表を行いました。

 

 

 

同イベントでは、AWSの新たなデータベース機能として以下の新機能が発表されております。

 

  • Amazon Aurora Multi-Master
  • Amazon Aurora Serverless
  • Amazon DynamoDB – Global Tables
  • On-Demand Backup
  • Amazon Neptune

 

 

Amazon Aurora

今回新たなサービスとして発表された「Amazon Aurora」は、MySQLやPostgreSQLなどと言ったSQLとの互換性を持ったAWSのリレーショナルデータベースとして発表されております。

 

 

「Amazon Aurora」の特徴は、MySQLやPostgreSQLとの互換性による複数の外部サービスと連携することが可能となる。

 

 

さらに、異なるデータセンターをまたがってスケールアウトし、複数のアベイラビリティゾーンに対応した書き込みを可能になる。

 

 

これにより顧客や開発者が失敗してもアプリケーション側に影響がなく、とても強い耐障害性を保持しているようです。

 

 

Amazon DynamoDB

AWSのNoSQLデータベースサービスとして登場した「Amazon DynamoDB」の「Global Tables」も発表されております。

 

「Global Tables」は、複数のリージョンを経由しているテーブルのレプリケーションを簡単に操作することが出来る。

 

 

なお、「Amazon DynamoDB」では3つのアベイラビリティゾーンに対応しております。

 

 

顧客は、「Global Tables」を利用することで、3つのアベイラビリティゾーンを数クリックで操作することが可能となりました。

 

 

Amazon Neptuneのプレビュー版を発表

Amazonは、今回の発表で「Amazon Neptune」のプレビュー版を公開することを発表しております。

 

 

「Amazon Neptune」は、フルマネージド型のグラウデーターベースサービスである。

 

 

顧客が「Amazon Neptune」を利用することで数十億単位のリレーションシップを素早く格納し、ミリ秒単位の速度でレイテンシでクエリを実行することができます。

 

 

Amazonによると「Amazon Neptune」は、可用性を高めるために高速なフェイルオーバーとポイントインタイムリカバリ、Multi-AZ配置を実装しているようです。

 

 

これらの機能は、「Amazon Virtual Private Cloud」に含まれており、保存されているデータの暗号化にも対応しているようです。

[ZDNet]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)