TOP

2018年12月18日 | 自動車

Apple、TeslaのデザイナーだったAndrew Kim氏を雇用か

2018年12月18日にAppleが、自動運転や電気自動車で有名な「Tesla(テスラ)」の元従業員であるAndrew Kim氏を雇用したこ...

2018年12月18日 | テクノロジー

電子決済「Origami Pay(折り紙ペイ)」が対象店舗で最大半額になるキャンペーンを開催

2018年12月18日に電子決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」が、対象の店舗と期間限定で、支払い金額が最大で半額になるキ...

2018年12月17日 | テクノロジー

Apple、SNSである「Apple Music Connect」を2019年中に終了へ

2018年12月17日にAppleが、「Apple Music」のSNS機能である「Apple Music Connect」を2019年中に...

2018年12月17日 | テクノロジー

Google Japan、「Googleストア」でホリデーセールを開催

2018年12月17日にGoogle Japanが、同社の公式オンラインストア「Googleストア」で「ホリデーセール」を開催したことが明ら...

2018年12月16日 | テクノロジー

Amazon Echo、アメリカで「Apple Music」に対応開始へ

2018年12月16日にAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」が、Appleの音楽聴き放題サービスである「Apple M...

2018年12月16日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルiPhoneでも販売台数が伸び悩むかもしれない

2018年12月16日にApple関連の情報で有名なアナリストが、2018年モデルである「iPhone XR」の販売台数の不振を受けて、20...

2017年11月30日

AWS、新機能としてAuroraとDynamoDB、Neptuneを発表へ

米国時間2017年11月29日にAmazonが運勢しているAmazon Web Services(AWS)の新機能として「Aurora」と「DynamoDB」、フルマネージド型のグラフデータベース「Neptune」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

AWS、新機能を発表へ

米国時間2017年11月29日にAmazonが、ネバダ州ラスベガスで開催中のイベント「re:Invent」にて、Amazon Web Services(AWS)に関する発表を行いました。

 

 

 

同イベントでは、AWSの新たなデータベース機能として以下の新機能が発表されております。

 

  • Amazon Aurora Multi-Master
  • Amazon Aurora Serverless
  • Amazon DynamoDB – Global Tables
  • On-Demand Backup
  • Amazon Neptune

 

 

Amazon Aurora

今回新たなサービスとして発表された「Amazon Aurora」は、MySQLやPostgreSQLなどと言ったSQLとの互換性を持ったAWSのリレーショナルデータベースとして発表されております。

 

 

「Amazon Aurora」の特徴は、MySQLやPostgreSQLとの互換性による複数の外部サービスと連携することが可能となる。

 

 

さらに、異なるデータセンターをまたがってスケールアウトし、複数のアベイラビリティゾーンに対応した書き込みを可能になる。

 

 

これにより顧客や開発者が失敗してもアプリケーション側に影響がなく、とても強い耐障害性を保持しているようです。

 

 

Amazon DynamoDB

AWSのNoSQLデータベースサービスとして登場した「Amazon DynamoDB」の「Global Tables」も発表されております。

 

「Global Tables」は、複数のリージョンを経由しているテーブルのレプリケーションを簡単に操作することが出来る。

 

 

なお、「Amazon DynamoDB」では3つのアベイラビリティゾーンに対応しております。

 

 

顧客は、「Global Tables」を利用することで、3つのアベイラビリティゾーンを数クリックで操作することが可能となりました。

 

 

Amazon Neptuneのプレビュー版を発表

Amazonは、今回の発表で「Amazon Neptune」のプレビュー版を公開することを発表しております。

 

 

「Amazon Neptune」は、フルマネージド型のグラウデーターベースサービスである。

 

 

顧客が「Amazon Neptune」を利用することで数十億単位のリレーションシップを素早く格納し、ミリ秒単位の速度でレイテンシでクエリを実行することができます。

 

 

Amazonによると「Amazon Neptune」は、可用性を高めるために高速なフェイルオーバーとポイントインタイムリカバリ、Multi-AZ配置を実装しているようです。

 

 

これらの機能は、「Amazon Virtual Private Cloud」に含まれており、保存されているデータの暗号化にも対応しているようです。

[ZDNet]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)