TOP

2017年12月11日 | テクノロジー

Google Home Mini、アップデートにより隠し機能を解禁か

2012年12月11日にGoogleが、スマートスピーカー「Google Home Mini」のアップデートにより、上部を長押しする操作を側...

2017年12月11日 | テクノロジー

Windows 10、アップデートによりLTE通信機能と電源周りを強化か

2017年12月11日にMicrosoftが、「Windows 10」の次期アップデートによりLTEなどのセルラー機能や電源管理機能を強化す...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、iTunesにて音楽のダウンロード販売を2018年に終了か

2017年12月10日にAppleが、iTunes Store(アイチューンズストア)による音楽のダウンロード販売を2018年第4四半期に終...

2017年12月9日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのiPhoneのバッテリーを1割り増しへ

2017年12月9日にAppleが、2018年モデルのiPhone(アイフォン)のバッテリーを1割ほど増量する方針であることが明らかとなりま...

2017年12月9日 | テクノロジー

YouTube、音楽聴き放題サービスを2018年3月より提供開始

2017年12月9日にGoogleが、YouTubeにて音楽聴き放題サービスを2018年3月よりリリースすることが明らかとなりました。 ...

2017年12月9日 | ゲーム

ポケモンGO、ルビー・サファイヤに登場する50種類以上のポケモンを追加へ

2017年12月7日にポケモンGOが、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場する50種類以上のポケモンを追加したことを発表致しまし...

2017年12月8日 | テクノロジー

Amazonプライム会員向け新サービス「Twitch Prime」がリリース

2017年12月6日にAmazonが、Amazonプライム会員を対処とした新サービス「Twitch Prime」をリリースしたことが明らかと...

2017年12月8日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneの背面はガラス素材を不採用!? – 金属製素材へ戻る

2017年12月8日にAppleが、2018年モデルの次期iPhoneの中でもLCDディスプレイを搭載しているモデルを対象に、背面のガラス素...

2017年11月21日

Microsoft、Officeを観覧できるビューワーソフトを終了することを発表

2017年11月20日にMicrosoftが、WordやExcel、Power PointなどのOfficeを閲覧することが出来るビューワーソフトの提供を終了することを発表致しました。

 

 

Microsoft、各種Office Viewerを終了

2017年11月20日にMicrosoftが、同社のOfficeである「Word」や「Excel」、「Power Point」などを閲覧することが出来るビューワーソフトの提供を終了することを発表いたしました。

 

 

 

 

今回話題となったビューワーソフトは、Microsoft Officeをインストールしていない環境でも閲覧することができる機能としてリリースされておりました。

 

 

ビジネスなどで急遽Officeファイルが送信されても、ビューワーソフトを使用することでOfficeファイルを閲覧することができることから一部のユーザーから重宝されておりました。

 

 

Microsoft製品では珍しく、無料で利用が可能でしたが、どうやら幕が降ろされるようです。

 

 

2018年4月をもって廃止

現在公開されているビューワーソフトは以下の通りとなっております。

 

 

これらの公式WEBページへアクセスすると、配信終了日が2018年4月であることがアナウンスされております。

 

 

その為、2018年4月になるとダウンロードが閉鎖されることが予想されている。

 

 

なお、2018年4月以降はビューワーソフトに対するセキュリティ更新プログラムの提供も終了される。

 

 

このことから、ビューワーソフトの脆弱性が見つかっても対応されないため、ビューワーソフトを利用しないことが推奨されております。

 

 

ビューワーソフトの後継ソフトは?

Microsoftによると、ビューワーソフトをこれまで利用してきたユーザーは、OneDriveまたは各モバイルアプリケーションへ移行することを推奨しております。

 

 

OneDriveに関しては、オンライン版が提供されておりますので、Officeファイルをアップロードすることで閲覧することができます。

 

 

いずれも、これまでとどうように一分機能を無料で利用することが可能だ。

 

 

ですが、Officeにて細かい作業を行いたい場合は、やはり有料版を購入する必要があります。

 

 

ビューワーソフトは、セキュリティ更新プログラムが配信されないため、各モバイルアプリケーションもしくはOneDriveへの移行をお勧めします。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)