TOP

2018年9月21日 | テクノロジー

Apple、本日よりiPhone XSとiPhone XS Max、Apple Watch Series 4を販売開始!

2018年9月21日にAppleが、スペシャルイベントで発表した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」、「Apple Wat...

2018年9月21日 | テクノロジー

Amazon、Echoシリーズの最新モデルを発表!時計型のEcho Wall Clockや専用ウーハーEcho Subも登場

2018年9月21日にAmazonが、「Echo Plus」や「Echo Dot」、「Echo Show」の2018年モデルを発表したことが...

2018年9月20日 | テクノロジー

iPad Pro 2018、USB Type-Cポートを採用し、4K出力に対応か

2018年9月20日にAppleから発表が噂されている「iPad Pro 2018」が、「USB Type-C」ポートを採用している可能性が...

2018年9月20日 | テクノロジー

iOS 12.1 bateからiPad Pro 2018に秋モデルが存在することが判明!まもなく発表か

2018年9月20日にAppleからデベロッパーへ公開している「iOS 12.1 bate 1」から「iPad2018Fall」という文字が...

2018年9月19日 | テクノロジー

Googleのディスプレイ搭載スマートスピーカー「Google Home Hub」がリーク

2019年9月19日に米Googleが2018年中に発表が噂されているディスプレイ搭載型スマートスピーカー「Google Home Hub(...

2018年9月19日 | テクノロジー

Surface Laptop 2(サーフェスラップトップ2)、ブラックカラーを追加か

2018年9月19日に米Microsoftが、10月2日にイベントにて発表が噂されている「Surface Laptop 2(サーフェスラップ...

2017年11月15日

2019年モデルiPhoneには背面にも3Dセンサーが搭載される

2017年11月15日にAppleが、2019年モデルの次期iPhoneにて背面にも3Dセンサーを搭載予定であることが明らかとなりました。

 

 

2019年モデルの次期iPhoneの背面へ3Dセンサーを採用

2017年11月15日にAppleが、2019年に販売予定の次期iPhoneにて拡張現実(AR)を強化し、背面にも3Dセンサーを搭載予定であることが明らかとなりました。

 

 

 

 

現在販売されているプレミアムモデルである「iPhone X」の前面には、顔認証システムのための3DセンサーTrueDepthカメラが搭載されております。

 

 

「iPhone X」のTrueDepthカメラには、ドットプロジェクターや赤外線カメラ、投光イルミネーターなど様々なモジュールが合わさってできております。

 

 

このTrueDepthカメラの次世代バージョンを2019年モデルの次期iPhoneにて実装することが予想されております。

 

 

Time of Flight方式の3Dセンサーを搭載

2019年モデルの次期iPhoneの前面と背面には、Time of Flight方式の3Dセンサーが採用されることが予想されている。

 

 

Time of Flight方式とは、投光イルミネーターから搭光されたレーザーが周囲の障害物に跳ね返って来る時間を測定することで周囲情報を把握する方式となっている。

 

 

この技術はSOYNが2015年にベルギーの企業Softkinetic Systemsから受け継がれていることが判明している。

 

 

その後、買収したToF方式距離画像センサー技術とSONYの技術であるCMOSイメージセンサーを活用することで「裏面照射型Time of Flight方式距離画像センサー」の開発に成功しているようです。

 

 

 

2019年モデルの次期iPhoneはSONYとの連携が関係

Appleは、Time of Flight方式のノウハウを持っているSONYとPanasonic、そしてドイツのドイツのInfineon TechnologiesとスイスのSTMicroelectronicsの4社を中心としてプロジェクトを進めているようです。

 

 

一部のユーザーでは、「iPhone X」のTrueDepthカメラの精度に不満が挙がっておりましたが、Time of Flight方式の3Dセンサーへ切り替えることで精度が向上する可能性があります。

 

 

また、TrueDepthカメラではできなかった遠距離での障害物の認識が可能となり、AR事業やARアプリケーションの進化が見込まれております。

[Bloomberg]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)