TOP

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。  ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2017年11月15日

2019年モデルiPhoneには背面にも3Dセンサーが搭載される

2017年11月15日にAppleが、2019年モデルの次期iPhoneにて背面にも3Dセンサーを搭載予定であることが明らかとなりました。

 

 

2019年モデルの次期iPhoneの背面へ3Dセンサーを採用

2017年11月15日にAppleが、2019年に販売予定の次期iPhoneにて拡張現実(AR)を強化し、背面にも3Dセンサーを搭載予定であることが明らかとなりました。

 

 

 

 

現在販売されているプレミアムモデルである「iPhone X」の前面には、顔認証システムのための3DセンサーTrueDepthカメラが搭載されております。

 

 

「iPhone X」のTrueDepthカメラには、ドットプロジェクターや赤外線カメラ、投光イルミネーターなど様々なモジュールが合わさってできております。

 

 

このTrueDepthカメラの次世代バージョンを2019年モデルの次期iPhoneにて実装することが予想されております。

 

 

Time of Flight方式の3Dセンサーを搭載

2019年モデルの次期iPhoneの前面と背面には、Time of Flight方式の3Dセンサーが採用されることが予想されている。

 

 

Time of Flight方式とは、投光イルミネーターから搭光されたレーザーが周囲の障害物に跳ね返って来る時間を測定することで周囲情報を把握する方式となっている。

 

 

この技術はSOYNが2015年にベルギーの企業Softkinetic Systemsから受け継がれていることが判明している。

 

 

その後、買収したToF方式距離画像センサー技術とSONYの技術であるCMOSイメージセンサーを活用することで「裏面照射型Time of Flight方式距離画像センサー」の開発に成功しているようです。

 

 

 

2019年モデルの次期iPhoneはSONYとの連携が関係

Appleは、Time of Flight方式のノウハウを持っているSONYとPanasonic、そしてドイツのドイツのInfineon TechnologiesとスイスのSTMicroelectronicsの4社を中心としてプロジェクトを進めているようです。

 

 

一部のユーザーでは、「iPhone X」のTrueDepthカメラの精度に不満が挙がっておりましたが、Time of Flight方式の3Dセンサーへ切り替えることで精度が向上する可能性があります。

 

 

また、TrueDepthカメラではできなかった遠距離での障害物の認識が可能となり、AR事業やARアプリケーションの進化が見込まれております。

[Bloomberg]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)