TOP

2022年3月23日 | テクノロジー

iPhone 14 Pro、ノッチがいよいよ最小サイズへ変更へ-設計図から判明か

2022年3月23日にAppleから2022年中に発表されることが予想されている「iPhone 14 Pro」にて、ディスプレイ上部のノッチ...

2022年2月17日 | テクノロジー

Amazon、ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を日本でも販売開始へ

2022年2月17日にAmazonが、同社のEchoブランドのワイヤレスイヤホンである「Echo Buds(第2世代)」を日本でも販売開始し...

2022年2月15日 | テクノロジー

インドにてM2チップ搭載のMac ProとMacboook Airをテスト中か

2022年2月15日にAppleが、インドにて「Mac mini」の上位モデルである新型「Mac Pro」と「Macbook Air」をテス...

2022年2月10日 | テクノロジー

Apple、発表イベントを3月8日に開催か-iPhone SE 3の初期在庫は少ないかもしれない

2022年2月10日にAppleが、製品発表イベントを3月8日に開催する可能性が明らかとなりました。   イベントで発...

2022年2月9日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、アプリストアとして「Tesla Store」を準備中か

2022年2月9日にTeslaが、同社のアプリストアとして「Tesla Store(Tesla App Store)」を準備中である可能性が...

2022年2月8日 | テクノロジー

Apple、2022年に新型HomePodを発表か

2022年2月8日にAppleが、2022年中に新型HomePodを発表する可能性が明らかとなりました。   これは、...

2017年11月6日

Apple、iPhone Xの有機ELディスプレイに関するドキュメントを公開 – 知っておきたい有機ELのデメリット

2017年11月3日にAppleが、「iPhone X」に搭載されているSuper Retinaディスプレイである有機ELに関するサポートドキュメントを公開していることが明らかとなりました。

 

 

Apple、有機ELのサポートドキュメントを公開

2017年11月3日にAppleが、先日販売された「iPhone X」に採用されているSuper Retinaディスプレイこと有機ELのサポートドキュメントを公開したことが明らかとなりました。

 

 

 

 

 

有機ELは、黒色をはっきりと発色できる反面、「残像」や「画面の焼付き」問題などが挙げられております。

 

 

Appleは、このような有機EL特有の問題を軽減させるためのサポートドキュメントを公開している。

 

 

 

 

サポートドキュメントには、有機ELの問題を軽減させる内容と、有機ELを使うメリットにも触れているようです。

 

 

 

Appleから推奨されているiPhone Xの使い方

Appleは、有機ELを採用した「iPhone X」の使い方を以下のように推奨している。

 

  • iPhone X を最新バージョンの iOS にアップデートしてください。新しいアップデートが公開されると、アップデートの案内が表示されます。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でアップデートを確認することもできます。
  • 「明るさの自動調節」を使って、周辺光に合わせてディスプレイの明るさを自動的に調節してください。この設定はデフォルトで有効になっています。設定状況を調べるには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」の順に選択します。
  • iPhone X のディスプレイを使っていないときは、その電源を切るように設定しておきましょう。時間を短く設定しておくことを推奨します。設定を調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」の順に選択します。
  • 静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください。iPhone X を特に使っていないときでもディスプレイをオンのままにしておく App がある場合は、コントロールセンターを使って明るさを一時的に低くしておけます。

 

 

少なくとも、これらの設定により画面の焼付き問題を軽減することが見込まれております。

 

 

また、「iPhone X」のディスプレイを必要以上に点灯させないようアナウンスされており、従来までのiPhoneよりもシビアであることがわかります。

 

 

有機ELのデメリットをおさらい

有機ELの大きなデメリットとして、「残像」と「画面の焼付き」問題が挙げられました。

 

 

有機EL関連の他のデメリットしては、コントラストの劣化が挙げられる。

 

 

その為、「iPhone X」を使えば使うほど色合いが劣化していき、購入時とは違った色で発色されてしまうようです。

 

 

よく家電量販店にあるAndroid Wareの展示コーナで、各時計が残像や焼付きが多く見られるのは、有機ELディスプレイを付けっぱなし、あるいは酷使した使い方をしてしまった例だと言えるでしょう。

 

 

iPhoneを一日中使用しているユーザーにとっては、もしかすると「iPhone X」の寿命は短すぎるのかもしれません。

[Apple]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...