TOP

2020年11月26日 | テクノロジー

Amazon、日本でもiPhoneの整備品の取り扱いを開始へ

2020年11月26日にAmazonが、日本でもAppleのiPhoneの整備品の取り扱いを開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2017年10月14日

【やっぱり難航?】iPhone Xの顔認証モジュールの製造に遅れ

2017年10月13日にAppleから販売予定の「iPhone X」の顔認証モジュール「ドットプロジェクター」の生産が現在も難航していることが明らかとなりました。

 

 

やっぱり、顔認証モジュールの製造に苦戦か

2017年10月13日にAppleから販売予定の「iPhone X」のパーツの製造がスケジュール通りに進んでいないことが明らかとなりました。

 

 

話題となっているのは、顔認証システムに利用される「ドットプロジェクター」の製造が難航していると報じられております。

 

 

 

 

台湾のアナリストであるジェフ・プー氏によると、Appleは顔認証システムのモジュールの製造に苦戦してることを報じております。

 

 

先日も別のリーク情報にて、「iPhone X」の「TrueDepthカメラ」の製造問題が指摘されておりました。

 

 

 

 

このことから、2017年中の「iPhone X」の販売台数は制限されることが予想されております。

 

 

iPhone Xに搭載される顔認証モジュール

「iPhone X」の上部にある「TrueDepthカメラ」は、ディスプレイ上部の凹みに搭載されております。

 

 

「TrueDepthカメラ」により顔認証を行う際、なんと3万以上の見えないドットをユーザーの顔へ投射されるようです。

 

 

この部品こそが問題となっている「ドットプロジェクター」と呼ばれるモジュールであることが判明しております。

 

 

その為「ドットプロジェクター」なしでは、顔認証システムを利用することは不可能なため、対策の施しようが無いようです。

 

 

iPhone Xの製造はどうなる

Appleは、「ドットプロジェクター」の製造が難航しているため、他のパーツを製造しているメーカーへ製造を制限することが明らかとなっております。

 

 

これには、「iPhone X」の「ドットプロジェクター」以外のパーツの生産が順調でも、「iPhone X」の出荷台数を考えると一部のパーツの在庫が残る可能性があるからだ。

 

 

その為、他のリーク情報にも挙がっているとおり2017年中の「iPhone X」の出荷台数は、予想よりも低くなることがわかります。

 

 

しかし、Appleの社員であるジョナサン・アイブ氏が「iPhone X」の顔認証システムが2年先を言っているとコメントしているようだ。

 

 

その為、顔認証システムは2年後の次期iPhoneに搭載予定であったことがわかります。

 

 

ですので、2年先の技術を半年で安定して供給できるのであれば、「ドットプロジェクター」の製造問題も納得できるのではないでしょうか。

[Nikkei Asian Review]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)