TOP

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2020年11月6日 | テクノロジー

Amazon Holiday 2020、11月5日より開催へ!クリスマスギフト2020やブラックフライデーなども

2020年11月6日にAmazonが、「Amazon Holiday 2020」を開催していることが明らかとなりました。  ...

2017年10月2日

Microsoft、Microsoft Office 2019を2018年後半にリリースへ

2017年10月2日にMicrosoftが、カンファレンスイベント「Microsoft Ignite 2017」にて「Microsoft Office 2019」を2018年の後半に販売開始することを発表いたしました。

 

 

Microsoft Ignite 2017

現在Microsoftは、同社のカンファレンスである「Microsoft Ignite 2017」を開催しております。

 

 

 

 

「Microsoft Ignite 2017」では、新しいSurfaceシリーズとして「Surface Book 2」や新型「Surface Studio」、そして新型「Surface Hub」が発表されると報じられております。

 

 

その他にも、販売されたばかりの「Surface Pro」のLTEモデルが登場するなど、Microsoft製品が多く登場することが期待されております。

 

 

 

そして、本日「Microsoft Ignite 2017」にて新しいMicrosoft Officeに関する情報が入ってきました。

 

 

Micorosoft Office 2019は2018年後半にリリースへ

2017年10月2日に米Microsoftが、次期Microsoft Officeである「Microsoft Office 2019」を2018年後半にリリースすることを発表いたしました。

 

 

「Microsoft Office 2019」のプレビュー版の提供開始時期は、2018年半ばを予定しているようです。

 

 

「Microsoft Office 2019」には、従来までの「Word」や「Excel」、「PowerPoint」、「Outlook」が同梱されているようです。

 

 

そして、「Microsoft Office 2019」にはこれらの他に「Exchange」や「SharePoint」、「Skype for Business」などといったサーバーアプリケーションなどのサービスが含まれているようです。

 

Office Perpetual

新たに「Office Perpetual」も追加されており、特定のディバイスに対するライセンスが「Perpetual(永続的)」に利用することが出来るようだ。

 

 

その為Microsoftが、更新が必要な「Office 365」を好まないユーザー向けのサービスをリリースしたと言えるでしょう。

 

 

しかし、「Office Perpetual」で利用できるMicrosoft Officeには、サポート期限があります。

 

 

さらに「Office 365」では、サポート期間を気にしなくても良い点や最新のMicrosoft Officeの利用できるほか、「Office 365」には「Outlook」、「OneDrive for Business」、「Skype for Business」が含まれております。

 

 

これらを考慮すると、企業は「Office 365」を契約したほうがメリットがあるように感じられます。

[ITMedia]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)