TOP

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2020年12月9日 | テクノロジー

Appleブランド初のヘッドホン「AirPods Max」を正式発表!

2020年12月9日にAppleが、Appleブランド初のオーバーイヤーヘッドホンとして「AirPods Max」を正式発表したことが明らか...

2020年12月7日 | テクノロジー

楽天モバイル、Docomoに対抗して1,000円台の新プランを検討か

2020年12月7日に楽天モバイルが、Docomoの新プランに対抗して、月額1,000円台の新プランの導入を検討していることが明らかとなりま...

2017年9月30日

Apple、早くも2018年モデルのiPhone用プロセッサ「A12」の開発をスタートへ

2017年9月30日にAppleが、早くも2018年モデルのiPhone向けプロセッサ「A12」の開発を開始したことが明らかとなりました。

 

 

 

Apple、A12プロセッサの開発をスタート

2017年9月30日にAppleが、早くも2018年モデルのiPhoneに搭載予定の新型プロセッサ「A12」の開発をスタートしていたことが明らかとなりました。

 

 

 

メディアサイト「Nikkei Asian Review」によると、業界精通者から得た情報としてAppleが、台湾の「TSMC」へ新型プロセッサ「A12」の開発とテストを依頼していると報じられております。

 

 

「TSMC」は、「iPhone X」に搭載されている「A11 Bionic」プロセッサーを独占受注している実績がある企業となっております。

 

 

このことから、すでに「A12」プロセッサの開発及びテストを行っている情報の信憑性が高いことがわかります。

 

 

A12プロセッサは7nmプロセスを採用?

新型プロセッサである「A12」には7nmプロセスが採用される可能性が高いと報じられております。

 

 

現在販売が予定されている「iPhone X/8」に搭載されるプロセッサは、10nmプロセスを採用した「A11 Bionic」プロセッサとなっております。

 

 

このことから、新型プロセッサである「A12」が「A11 Bionic」よりも3nm減少していることがわかります。

 

 

プロセッサが7nmになるメリットには、消費電力性能の向上が期待されている。

 

 

プロセスが小さくなればなるほどプロセッサ内で送電される電気の距離が少なくなり、熱エネルギーへ逃げる量が少なくなります。

 

 

その為、2018年モデルのiPhoneでは現行モデルよりも消費電力性能が向上していることが予想されます。

 

 

2020年iPhoneでは3nmプロセスが採用される?

Appleがこのままプロセスの小型化を進めていると、2020年には3nmのプロセッサーが誕生することになります。

 

 

すでに「TSMC」は台湾南部に次世代半導体を製造するための向上を建設することを発表しております。

 

 

この工場は約1兆8,000億円も投資されており、将来登場する3nmプロセスを採用したプロセッサの製造能力が可能となる見込みだ。

 

 

その為、3nmプロセスを採用した次世代プロセッサの計画はすでに進められており、実現するための土台作りが行われていることがわかります。

 

 

まだ先の話ですが、2020年のiPhoneは現行モデルとは比較することが難しいほどの消費電力性能を保持しているかもしれません。

[Nikkei Asian Review]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)