TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年9月13日

格安SIM業者(MVNO)ではApple Watch Series 3セルラーモデルを利用することができない可能性が浮上

2017年9月13日にAppleから販売された「Apple Watch Series 3」のセルラーモデルが格安SIM業者であるMVNOでは利用できない可能性が浮上してきました。

 

 

Apple Watch Series 3を発表

現地時間2017年9月12日Appleから発表された新しいApple Watch「Apple Watch Series 3」には、GPSモデルとGPS+セルラーモデルの2種類が発表されております。

 

 

 

 

 

 

Appleが発表した「Apple Watch Series 3」のモデルごとの価格は、以下の通りとなっております。

 

 

  • Apple Watch Series 3:329ドル/日本円で約36,800円
  • Apple Watch Series 3セルラーモデル:399ドル/日本円で約4万5,800円

 

 

また、発表イベントの内容は、以下の記事に詳しく記載しております。

 

 

 

Apple Watch Series 3は単体で通信が可能

「Apple Watch Series 3」のセルラーモデルでは、新しく「eSIM」が採用されております。

 

 

「eSIM」が採用されることで、iPhoneに挿しているSIMカードに登録されている電話番号をそのままApple Watchで利用することが出来るメリットが挙げられます。

 

 

しかし、そのためには通信会社から特別な通信プランを提供してもらう必要があり、Appleのプレゼンでは米国での「eSIM」利用料金は約1,000円であると発表されております。

 

 

その後、DocomoがiPhoneと「Apple Watch Series 3」で同じ電話番号が利用できる「ワンナンバーサービス」を月額500円で9月22日より提供することを発表しております。

 

 

同じくau by KDDIも、iPhoneと「Apple Watch Series 3」で同じ電話番号が使える「ナンバーシェア」を月額350円でサービスインすることを発表しております。

 

 

このことから、日本で「Apple Watch Series 3」を利用する場合は、海外よりも安い価格で利用することができるようです。

 

 

MVNOではセルラーモデルを利用できない!?

MVNOの多くが利用している回線は、DocomoですがどうやらMVNOでは「Apple Watch Series 3」のセルラーモデルを利用することができない可能性が浮上しているようです。

 

 

冒頭でも記述しましたが、「Apple Watch Series 3」を利用するためには、キャリアから特別なプランを提供して貰う必要があります。

 

 

「Apple Watch Series 3」の「eSIM」は、通常のSIMカードとは異なり、内蔵式のSIMカードとなっております。

 

 

また、Appleの公式WEBページにはセルラーモデルを利用できる通信会社が「SoftBank」と「au」、「docomo」のみであると記載されていることがわかります。

 

 

 

 

さらに大手MVNOである「IIJ」と「mineo」はTwitterにて、MVNO業者では利用できない可能性を指摘しております。

 

 

 

 

 

 

これまで、iOSのアップデートに対応してきたIIJですらMVNOで「Apple Watch Series 3」セルラーモデルを利用できない可能性を指摘していることから、MVNOでApple Watchを利用するためにはGPSモデルしか選択しが無いことになります。

 

 

何れにせよ、正式な発表はまだですので今月中には何かしらの動きがあると予想されます。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)