TOP

2020年9月18日 | テクノロジー

iPad Pro 第8世代のベンチマークが公開!iPhone XRやiPad mini 第5世代と同じ構成か

2020年9月18日にAppleから本日販売される「iPad 第8世代」のGeekBenchのベンチマークスコアが公開されていることがわかり...

2020年9月17日 | ゲーム

PlayStation 5(PS5)、9月18日に予約開始!5.5万円で11月12日が販売日であると発表

2020年9月17日にSONYが、「PlayStation 5(PS5)」を9月18日より予約開始することを正式発表いたしました。 &...

2020年9月16日 | テクノロジー

【速報】iPad Air 4とiPad第8世代、Apple Watch 6とApple Watch SEが正式発表!

2020年9月16日にAppleが、ライブイベントして「iPad Air 4」と「iPad 第8世代」、「Apple Watch 6」と「A...

2020年9月14日 | テクノロジー

Softbank、ARM事業をNVIDIAへ4.2兆円で売却へ

2020年9月14日にSoftbankが、同社が保有するARMの全株式をNVIDIAへ売却することを正式発表しました。   ...

2020年9月3日 | テクノロジー

iPad Air 4、AirPods Studio、小型HomePodは9月。iPhone 11、Apple Watch 6は10月に発表か

2020年9月3日にAppleが、「iPad Air 4」と「AirPods Studio」、「小型HomePod」を9月中に発表し、「iP...

2020年8月31日 | テクノロジー

iPad Air 4、価格は5〜7万円か?iPad Pro 11Inch 2018をベースへ

2020年8月31日にAppleが、「iPad Air 4」のストレージ容量128GBモデルの販売価格を約53,800円〜69,800円とな...

2017年9月3日

東芝の半導体メモリ事業の売却先である日米韓連合にAppleが加入

2017年9月3日に東芝の半導体メモリ事業の売却先候補に挙がっている日米韓連合へAppleが加入する可能性が浮上してきました。

 

 

東芝の半導体メモリ事業

2017年9月3日に東芝の半導体メモリ事業の売却で新たな進展があったことが明らかとなりました。

 

 

東芝の半導体メモリ事業の売却先には、Foxconnと日米韓連合の2つが候補に挙がっております。

 

 

当初は、Foxconnが最も有力な候補として挙がっておりましたが、7月頃から日米韓連合が優勢となっております。

 

 

そして、8月のFoxconnが東芝に有利な条件を出したことで売却先が予想できない状態になっております。

 

 

 

日米韓連合へAppleが加入か

当初Appleは、Foxconnと協力して東芝の半導体メモリ事業を買い取りしようと動いておりましたが、新たな動きがあったようです。

 

 

9月3日に入った情報によると、日米韓連合へ新たにAppleが加入するという情報が明らかとなりました。

 

 

なお現在の、日米韓連合の体制は、以下の通りとなっております。

 

  • 三菱UFJフィナンシャルグループ:5,500億円
  • 日本政策投資銀行/革新機構:3,000億円
  • Bain Capital:4,500億円
  • SK Hynix:4,000億円

 

 

ここにAppleが加入することで、Bain CapitalとSK Hynixが合わせて1兆1,000億円、Appleが4,000億ドルを投資するようだ。

 

 

これらに各銀行の融資金額を合わせると日米韓連合は、最大2兆円もの買収資金を用意することができる。

 

 

東芝とWestern Digitalの問題は解決せず

東芝の半導体メモリ事業は、HDDで有名なWestern Digitalと共同で開発を行っておりました。

 

 

その為、東芝が勝手に半導体メモリ事業を売却することをWestern Digitalは拒否している。

 

 

Western Digitalは、このまま東芝が半導体メモリ事業を売却した場合、投擲処置を行うとも発言しており、売却がスムーズに進んでいない原因にもなっている。

 

 

これを受けて東芝は8月24日にWestern Digitalに独占的な交渉権を付与するため、条件交渉を行いました。

 

 

しかし、両社の出資比率の決定が難航しており、現在も交渉が行われているようだ。

 

 

東芝は、2017年中に半導体メモリ事業を売却しなければ、東証一部への上場が取り下げされてしまいます。

 

 

これは、負債超過の解消と独占禁止法の審査を9月までに完了させなければならないため、東芝が残された猶予は今月中となっている。

[Reuters]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)