TOP

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2020年11月6日 | テクノロジー

Amazon Holiday 2020、11月5日より開催へ!クリスマスギフト2020やブラックフライデーなども

2020年11月6日にAmazonが、「Amazon Holiday 2020」を開催していることが明らかとなりました。  ...

2017年8月30日

Apple、iOS 11のリリース前に合わせて「iOS11に備える」を公開 – iPhoneのバックアップ方法

2017年8月30日にAppleが、iPhone/iPad向けの新しいOS「iOS 11」の公開に合わせて、同社のWEBページに「iOS11に備える」を公開したことが明らかとなりました。

 

 

iOS 11に備える

Appleは、2017年の秋にiPhone/iPad向けの新しいiOSである「iOS 11」の公開を控えております。

 

 

「iOS 11」のリリースに合わせて、AppleのWEBページに「iOSに備える」を公開していることが明らかとなりました。

 

 

 

「iOS 11に備える」には、「iOS 11」を利用することができる端末や、「iOS 11」へアップグレードするための前準備が公開されおります。

 

 

そこで、「iOS 11に備える」にて公開している情報をまとめてみました。

 

 

互換性を確認する

「互換性を確認する」では、「iOS 11」を利用することができる端末がまとめられております。

 

 

 

 

「iOS 11」は、64bit端末で利用することができるため、「iPhone 5」と「iPhone 5c」はサポート対象外となっている。

 

 

なお、同ページに公開されているサポート端末は以下の通りとなっております。

 

 

iPhone

  1. iPhone 7
  2. iPhone 7 Plus
  3. iPhone 6s
  4. iPhone 6s Plus
  5. iPhone 6
  6. iPhone 6 Plus
  7. iPhone SE
  8. iPhone 5s

 

 

iPad

  1. iPad Pro (12.9-inch) (第 2 世代)
  2. iPad Pro (12.9-inch) (第 1 世代)
  3. iPad Pro (10.5-inch)
  4. iPad Pro (9.7-inch)
  5. iPad Air 2
  6. iPad Air
  7. iPad (第 5 世代)
  8. iPad mini 4
  9. iPad mini 3
  10. iPad mini 2

 

 

ipod

  1. iPod touch (第 6 世代)

 

 

なお、iPhoneやiPad、iPodTouchのモデルの調べ方は、以下のリンクをご参照下さい。

 

 

 

 

iPhone、iPad、iPod Touchをバックアップ

「iPhone、iPad、iPod Touchをバックアップする方法」では、「iOS 11」のアップグレード前に端末をバックアップする方法を公開している。

 

 

 

Appleは、iOS端末をバックアップする方法として「iCloud」と「iTunes」の2種類から案内している。

 

 

 

iCloud経由でバックアップする場合は、事前にiCloud内の容量を確認する必要がありますのでご注意下さい。

 

 

 

また、アクティビティやヘルスケア、キーチェーンなどのデータをバックアップしたい場合は、iTunesでのバックアップとなります。

 

 

パスワードを忘れた

iOS端末のパスワードを忘れてしまい、6回続けて間違えてしまった場合は、iOS端末が一時的に利用することができなくなってしまいます。

 

 

 

この場合は、バックアップを作成していない限り、iOSディバイスのデータを保存することは出来ません。

 

 

その為、以下の方法でiOS端末を削除し、パスコードを排除する必要があります。

 

 

 

 

バックアップデータがある場合は、iTunesを利用することで、デバイスのデータとパスコードを排除することが出来ます。

 

Apple IDを確認する

「Apple IDを確認する」では、利用しているApple IDのユーザー情報を確認する事ができます。

 

 

Apple IDでログイン後は、Appleのサービスを利用するために必要なApple IDに関する情報が記載されているページへリンクされるようです。

 

 

なお、「iOS 11に備える」は、以下のリンクからアクセスする事ができますので、興味のある方はこちらをご参照下さい。

 

 

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)