TOP

2020年11月26日 | テクノロジー

Amazon、日本でもiPhoneの整備品の取り扱いを開始へ

2020年11月26日にAmazonが、日本でもAppleのiPhoneの整備品の取り扱いを開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2017年8月12日

Microsoft、Windows 10 Pro for Workstationsを発表へ

2017年8月11日にMicrosoftが、「Windows 10 Pro」の新バージョンである「Windows 10 pro for Workstations」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

Windows 10 Pro for Workstations

2017年8月11日にMicrosoftが、同社のOSである「Windows 10  Pro」を対象とした新しいバージョン「Windows 10 Pro for Workstations」を発表したことがわかりました。

 

 

 

「Windows 10 Pro for Workstation」は、Mirosoftのサーバーグレードのファイルシステムである「Resilient File System」を採用している。

 

 

さらに永続メモリ「SVDIMM-N」の採用や「SMB Direct」による高速ファイル共有にも対応していおり、最大4CPUかつメモリ6TBのパソコンを構築することができる。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationsはハイエンド向け

「Windows 10 pro for Workstations」は名前の通りハイエンドハードウェア向けの「Windows 10 Pro」となっております。

 

 

その為、対応しているプロセッサはIntelの「Xeon」やAMDの「 Opteron」などの最高ランクのCPUを想定して設計されている。

 

 

元々「Windows 10」は最大2CPUでメモリ2TBまでしかサポートされておりませんので、これ以上のスペックを要求する場合は必然的に「Windows 10 Pro for Workstations」を適応する必要があります。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationの特徴

「Windows 10 Pro for Workstations」は、「ReFS」と呼ばれるファイルシステムを採用している。

 

 

RsFSは、障害対策を強化されたファイルシステムで、データ復旧や耐障害性などが強化されている。

 

 

さらに扱う容量を大きくすることで、ドライブ1つが障害になっても自動的に修復してくれるようだ。

 

 

なお、Microsftが現在提供している標準ファイルシステム「NTFS」で扱われる最大容量は256TBであるのに対し、ReSFは理論上4.7ゼタバイトまで利用することが出来る。

 

 

4.7ゼタバイトは、10億テラバイトに相当し、8K動画を800年分記録することが出来る。

 

 

さらに「SMB Direct」には、「Remote Direct Memory Access機能」を活用することで、従来よりも遅延の少ないファイルアクセスが可能なほか、ローカルCPUを使用することが殆ど無い。

 

 

「Windows 10 Pro for Workstations」の配信は、2017年秋に公開される「Fall Creators Update」の一部に組み込まれる予定だそうです。

[TechCrunch]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)