TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年7月25日

Apple、有機ELパネルを独自開発 – Samusungへの依存を減少?

2017年7月24日にAppleが、有機ELパネルを供給しているSamusungへの依存を減らすために、独自で有機ELパネルの開発を進めていることが明らかとなりました。

 

 

脱Samusung

メディアサイト「DigiTimes」から得た情報によるとAppleは、有機ELパネルを供給しているSamsungへの依存を減少させるために有機ELパネルを独自開発していることが明らかとなりました。

 

 

 

元々Appleは、スマートフォンの特許を巡ってSamsungと対立関係を繰り返しておりました。

 

 

しかし、Appleの主力商品である「iPhone」などの部品を提示金額で納期通り供給できる企業がSamsungしかないため、渋々パーツの供給を依頼しておりました。

 

 

いつかAppleがSamusungを頼らない構造へ再構築すると言われておりましたが、まずは有機ELパネル事業を自社で取り扱う体制を構築するようです。

 

 

Appleの動き

DigiTimesによると、すでにAppleは台湾で有機ELパネルの開発に取り組んでいることを発表している。

 

 

またすでにAppleは、韓国の「Sunic System社」の化学蒸着装置(CVD)を購入したことをが明らかとなっている。

 

 

これによりCVD市場における圧倒的なシェアを誇る日本の「キャノントッキ」を脅かす存在になると報じられている。

 

 

キャノントッキの装置は、発光体の膜を基板に蒸着させる工程において、有機ELパネルの製造に欠かせないものとなっております。

 

 

その為、キャノントッキの装置を制すことは、CVD市場を支配することを意味しているようです。

 

 

Samusungと有機EL

対するSamusungは2017年に5台の有機EL製造装置を購入しております。

 

 

これにより従来よりも多くの有機ELパネルの製造が可能となっております。

 

 

また、これらを活用してAppleが2017年に販売する「iPhone 8」の有機ELパネルの供給に一役買うと予想されております。

 

 

さらに有機ELパネルの製造はLG社も力を入れており、2017年前半に2台のCDS装置をキャノントッキから購入している。

 

 

LG社は2台のキャノントッキを同社のスマートフォンのみならず、同じ国内に拠点を置く「Xiaomi」やGoogleの「Nexus/Pixelシリーズ」へ貢献するを予想されております。

 

 

Apple、Samusung、LGの3社がこれほどまでに有機ELパネルに力を入れている理由は、消費電力性能と自由自在な形状が挙げられます。

 

 

先日LenoboがTechWorldにて公開したスマートフォン「Cplus」は、有機ELパネルの自由自在な形状を活かしている。

 

 

 

このようにガラパコスケータイからスマートフォンへ移行したような大きな変化を有機ELパネルで実現できる可能性を秘めている。

 

 

その為、3社は自ら有機ELパネルを供給するような体制を構築することに力を入れていると予想されます。

[DigiTimes, IT之家]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)