TOP

2021年3月26日 | テクノロジー

【まとめ】Appleから2021年春に登場する製品は??

2021年3月26日にAppleから2021年春に登場するであろう新製品のリーク情報をまとめてみました。   予想では...

2021年3月26日 | テクノロジー

Apple M1、Core i7やRyzen 7を超える性能を発揮か

2021年3月26日にAppleが新しいMacへ搭載を開始しているプロセッサ「M1」チップが、Intel Core i7やRyzen 7より...

2021年3月25日 | テクノロジー

【速報!検討中必見】ahamoが条件変更、4月15日申込で追加特典と発表

2021年3月25日にNTTドコモが、突如として新料金プランである「ahamo」に対して、新しい追加特典を付与する条件変更を実施したことが明...

2021年3月25日 | テクノロジー

iPhone SE 2 Plusのイメージ画像が公開される

2021年3月25日にこれまでの「iPhone SE 2 Plus」のリーク情報を参考にしたイメージ画像が作成されたことが明らかとなりました...

2021年2月17日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、日本でもモデル3の値下げを実施!最大で156万円も!

2021年2月17日にテスラジャパンが、日本でも「Tesla Model 3」の大幅な値下げを実施したことが明らかとなりました。 &n...

2021年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro 8を2021年10月に発表か-デザイン変更も

2021年2月15日にMicrosoftが、タブレットPCである「Surface Pro 8」を早ければ2021年10月頃に発表する可能性が...

2017年7月8日

【まとめ】無線LAN規格「802.11 ad」の速度が明らかに

無線LAN規格「802.11 ac」の後継規格である「802.11 ad」の性能が公開されてきたので、それぞれの規格の速度やデメリットなどをまとめてみました。

 

802.11 acの後継規格

無線LAN「802.11 ac」が登場してから間もない気がしますが、すでに後継規格である「802.11 ad」の速度が明らかとなってきました。

 

 

現時点において最も高速な規格である「802.11 ac」は、2012年1月5日にBroadcomが「IEEE 802.11 ac」対応コントローラーを発表しました。

 

 

その後、2014年1月7日にIEEEは「802.11 ac」規格を承認することで正式に正規化さたことにより発展していきました。

 

 

「802.11 ac」に対応した場合は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac」として称され、現在のWi-Fiルータの多くが対応している。

 

 

そして後継規格である「802.11 ad」の全てに対応した場合は「IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ad」としてと称されます。

 

802.11 adの速度

「802.11 n」規格は「2.4Ghz」を利用し、「802.11 ac」規格は「2.4GHz」と「5GHz」を利用します。

 

 

そして「802.11 ad」は「60GHz」を利用する規格となっております。

 

 

「2.4GHz」の通信速度が「800Mbps」で「5GHz」の通信速度が「1733Mbps」であるのに対し、「60GHz」はなんと「4600Mbps」もの速度で通信することが可能だ。

 

 

  • 2.4GHz:800Mbps
  • 5GHz:1733Mbps
  • 60GHz:4600Mbps

 

 

最高速度だけでみると「60GHz」は「5GHz」の2倍以上、高速に通信することが可能だ。

 

 

さらに有線ギガビットLANと比較しても、2倍以上高速に通信することが出来る。

 

 

なお、これらはあくまでも最高速であり、プロバイダーが4600Mbpsに対応していなければ効果が得られないのでご注意ください。

 

ad規格のデメリット

一般的に通信速度が早くなると、壁を貫通しづらくなると言われている。

 

 

その為、通信速度が遅い規格は2階まで快適に通信することが出来るのに対し、高速な規格は一階までしか電波が届かないデメリットが挙げられる。

 

 

現在「ac」規格で電波が不安定な環境の場合は、「ad」規格に乗り換えるとさらに悪化する可能性がある。

 

 

また、壁以外でも電子レンジから発生する電波も障害となるため、速度が上がってもデメリットが多く発生する。

 

 

802.11 adだからできること

「802.11 ad」規格では、周辺機器やスマートフォンとの接続がもっと接続しやすいように改良されている。

 

 

さらに無線LAN規格に限らず接続が容易になっている。

 

 

もともと「60GHz」は「WiGig」として開発されており、Wi-Fiアライアンスにより「802.11 ad」規格へ認定されました。

 

 

その為、「WiGig」は「802.11 ad」と言っても過言ではないでしょう。

 

 

なお、これらの単語を使い分ける場合、ドック接続は「WiGig」で無線LAN接続は「802.11 ad」として呼ばれるようだ。

[Wikipedia]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)