TOP

2021年3月26日 | テクノロジー

【まとめ】Appleから2021年春に登場する製品は??

2021年3月26日にAppleから2021年春に登場するであろう新製品のリーク情報をまとめてみました。   予想では...

2021年3月26日 | テクノロジー

Apple M1、Core i7やRyzen 7を超える性能を発揮か

2021年3月26日にAppleが新しいMacへ搭載を開始しているプロセッサ「M1」チップが、Intel Core i7やRyzen 7より...

2021年3月25日 | テクノロジー

【速報!検討中必見】ahamoが条件変更、4月15日申込で追加特典と発表

2021年3月25日にNTTドコモが、突如として新料金プランである「ahamo」に対して、新しい追加特典を付与する条件変更を実施したことが明...

2021年3月25日 | テクノロジー

iPhone SE 2 Plusのイメージ画像が公開される

2021年3月25日にこれまでの「iPhone SE 2 Plus」のリーク情報を参考にしたイメージ画像が作成されたことが明らかとなりました...

2021年2月17日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、日本でもモデル3の値下げを実施!最大で156万円も!

2021年2月17日にテスラジャパンが、日本でも「Tesla Model 3」の大幅な値下げを実施したことが明らかとなりました。 &n...

2021年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro 8を2021年10月に発表か-デザイン変更も

2021年2月15日にMicrosoftが、タブレットPCである「Surface Pro 8」を早ければ2021年10月頃に発表する可能性が...

2017年6月21日

Apache HTTP Web Server、5件の脆弱性を確認 – 最新バージョンで修復済み

2017年6月19日に「Apache HTTP Web Server」に複数モジュールにおける5件の脆弱性があることを発表いたしました。

 

なお、脆弱性は最新バージョンにて、修復済みであるとのこと。

 

 

Apacheの脆弱性を確認

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、「Apache HTTP Web Server」の複数モジュールにおけるサービス運用妨害(DoS)を含む5件の脆弱性を発表いたしました。

 

 

「Apache HTTP Web Server」は、世界で最も使用されているWebサーバーソフトとなっております。

 

 

その為、今回の脆弱性を狙った攻撃が実行される可能性は極めて高いと予測されます。

 

 

The Apache Software Foundationは、2017年6月29日に最新バージョン「Apache HTTP Web Server」v2.4.26を公開しております。

 

 

最新バージョンは、現行の安定バージョン「2.4.x」をベースとしており、CVE番号ベースの5件の脆弱性を修復しております。

 

 

5件の脆弱性

“JVN”の脆弱性レポート(JVNVU#98416507)による5件の脆弱性は、以下の通りとなる。

 

CVE-2017-3167

  • ap_get_basic_auth_pw()認証のバイパスの可能性
  • サードパーティモジュールによりap_get_basic_auth_pw()が実行されると認証がバイパス可能性有り

 

CVE-2017-3169

  • mod_sslのNULLポインタディリファレンスの可能性有り
  • HTTPSポートにHTTPリクエストが来た場合、サードパーティモジュールによりap_hook_proces_connection()を呼び出した際にNULLポインタディリファレンスの可能性有り

 

CVE-2017-7659

  • mod_http2のクラッシュの可能性有り
  • ver2.4.25で追加されたHTTPのstrictパースにバグを確認。悪意のある細工されたリクエストヘッダにより、クラッカーがhttpdにセグメンテーションフォールトを起こせる可能性有り

 

CVE-2017-7668

  • ap_find_token()のバッファ外読み込みの可能性有り
  • ver2.2.32およびver2.4.24で追加されたHTTPのstrictパースにバグを確認。悪意のある細工されたリクエストヘッダにより、クラッカーがhttpdにセグメンテーションフォールトを起こせる可能性有り

 

CVE-2017-7679

  • mod_mimeのバッファ外読み込みの可能性有り
  • 悪意のある細工されたContent-Typeレスポンスヘッダにより、mod_mineがバッファの帯から先の1倍とを読み出す可能性有り

 

 

なお、5件の脆弱性について詳しく知りたい方は、以下のリンクをご参照ください。

 

 

 

最新バージョンを公開

The Apache Software Foundationはすでに、Apache HTTP Web Server v2.4.26を公開している。

 

 

今回報告された5件の脆弱性は、旧バージョンであるver2.2.xにも該当します。

 

 

その為、早急に最新バージョンである「ver2.4.26」へアップデートすることが推奨されている。

 

 

なお、ver2.2.xには別途、修正パッチが公開されております。

 

 

ver2.2.x系列を利用している管理者および運営者は、早急にパッチを適応することを推奨されております。

[Apache HTTP SERVER PROJECT]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)