TOP

2021年2月17日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、日本でもモデル3の値下げを実施!最大で156万円も!

2021年2月17日にテスラジャパンが、日本でも「Tesla Model 3」の大幅な値下げを実施したことが明らかとなりました。 &n...

2021年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro 8を2021年10月に発表か-デザイン変更も

2021年2月15日にMicrosoftが、タブレットPCである「Surface Pro 8」を早ければ2021年10月頃に発表する可能性が...

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2017年6月21日

ティム・クック氏、トランプ大統領との対談でプログラミングの義務教育化を提言

2017年6月19日にAppleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏が、トランプ大統領との対談で、プログラミングを必須科目にするよう提言していることが明らかとなりました。

 

 

ティム・クック氏とトランプ大統領

2017年6月19日にAppleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏と、アメリカのトランプ大統領が、対談していることが明らかとなりました。

 

 

今回の対談は、IT企業とアメリカの現役大統領であるドナルド・トランプ氏が意見交換を行う「アメリカン・テクノロジー・カウンシル」と呼ばれております。

 

 

「アメリカン・テクノロジー・カウンシル」では、各ITである企業から最高経営責任者(CEO)が企業を代表して、大統領に提言することができる。

 

 

また今回の対談では、AmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏も参加していたと報告されている。

 

 

CEOたちが話したこと

AmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏は、トランプ大統領に対して商用技術をもっと積極的に利用していくように訴えたようだ。

 

 

また、データ分析を行っており、アメリカ政府ともつながっているPalantirのCEOであるアレックス・カープ氏は、ビッグデータを連邦政府支出の不正発見すべきだと指摘している。

 

 

そして、AppleのCEOであるティム・クック氏は、トランプ大統領に対してプログラミングを必須科目化にすることを提言したようだ。

 

 

以前にもティム・クック氏は、学校で教える教科にプログラミングを義務教育化すべきだとコメントしている。

 

 

 

 

すでにAppleは、高校向けにSwiftのアプリケーション開発カリキュラムなどを無料で公開している。

 

 

またAppleはコミュニティーカレッジの生徒にも、プログラミング教材を無料で公開しており、Appleがいかにプログラミングを重要視しているかが伺えます。

 

 

ティム・クック氏とトランプ氏は犬猿の仲?

以前にティム・クック氏は、トランプ大統領の考えに賛同できないことを発表している。

 

 

ティム・クック氏は、トランプ大統領の発言を一つの考えとして受け取っていることをアピールしているが、あくまでも同意することはないとコメントしている。

 

 

今回の対談は、ティム・クック氏がアメリカの将来を思って出席してことを強調しており、トランプ大統領との犬猿の仲をアピールしているように見える。

 

 

対するトランプ大統領も、IT企業に特別な処置を行ったことがが無いことから、今回の対談自体の存在意義が無いように思われる。

 

 

その為、今回の対談は形だけであり、各CEOは歓迎されていないと予測されます。

[AppleInsider]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)