TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年6月15日

Microsoft、Office 2016をWindows Storeで販売開始 – 6月16日から

2017年6月15日にMicrosoftは、オフィスソフトウェア「Microsoft Office 2016」をWindows Storeにて提供開始することを発表いたしました。

 

 

Office 2016をWindows Storeにて提供開始

Microsoftは、同社のオフィスソフトウェアである「Microsoft Office 2016」をWindows Storeにて販売開始することを発表いたしました。

 

 

「Microsoft Office 2016」は、現地時間2017年6月15日(日本時間2017年6月16日)より提供開始されるようだ。

 

 

 

これにより家電量販店で「Microsoft Office 2016」を購入しに行かなくてもWindows Storeだけで購入することができるようになりました。

 

 

なぜWindows Storeで販売されるのか

日本Microsoftは、先日行われたSurface関連のイベントでラップトップ型ノートパソコン「Surface Laptop」の国内販売を発表いたしました。

 

 

 

 

さらに米Microsoftは、「Surface Laptop」にWindows 10の廉価版である「Windows 10 S」を搭載することを発表しております。

 

 

 

 

「Windows 10 S」は、教育機関向けに制作された新しい「Windows 10」で、Windows Storeに公開されているアプリケーションのみ実行することができます。

 

 

「Microsoft Office 2016」をWindows Storeに公開することで、「Windows 10 S」に「Office 2016」をインストール・実行することが可能になります。

 

 

なお、Surface Laptopに「Microsoft Office 2016」をインストールする場合は、Windows Store経由で行う必要があります。

 

 

Surface Laptopの国内販売は2017年7月20日を予定しており、発売日に合わせてWindows Storeに「Microsoft Office 2016」を公開したと思われます。

 

 

Windows Storeに公開されるOffice

日本Microsoftが日本時間2017年6月16日にWindows Storeへ公開する「Microsoft Office 2016」は全部で6種類となっている。

 

 

Windows Storeに公開される「Microsoft Office 2016」は、以下の通りとなる。

 

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Access
  • Publisher

 

また、「Windows 10 S」で利用て切るエディションは以下の通りとなっている。

 

 

  • Office 365 Personal
  • Office 365 Home
  • Office 365 for Education Plus
  • Office 365 Education E5

 

なお、これらのサポート情報は、Microsoftのサポートページに記載されておりますので、詳しく知りたい方はご参照下さい。

 

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)