TOP

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2020年12月9日 | テクノロジー

Appleブランド初のヘッドホン「AirPods Max」を正式発表!

2020年12月9日にAppleが、Appleブランド初のオーバーイヤーヘッドホンとして「AirPods Max」を正式発表したことが明らか...

2020年12月7日 | テクノロジー

楽天モバイル、Docomoに対抗して1,000円台の新プランを検討か

2020年12月7日に楽天モバイルが、Docomoの新プランに対抗して、月額1,000円台の新プランの導入を検討していることが明らかとなりま...

2017年6月13日

Apple、12.9インチのiPad Proに2.38GHzのA10X Fusionプロセッサとメモリ4GBを搭載

2017年6月13日にAppleが「WWDC 2017」にて発表した新型iPad Pro 12インチにA10Xプロセッサーとメモリ4GBが搭載されていることが明らかとなりました。

 

 

iPad Proのスペック

2017年6月13日にメディアサイトMacお宝鑑定団Blogが、先日開催された「WWDC 2017」にて発表された新しいiPad Proのスペックについて報じていることがわかりました。

 

 

同誌によると、iPad Pro 12インチのプロセッサは「A10X Fusion」を搭載しており、クロック周波数が2.38GHzとなっている。

 

 

また、メモリ容量は約4GBとなっており、前のモデルと変更が無いようだ。

 

 

このことから新しいiPad Pro 12インチは、前のモデルよりもプロセッサを中心とした強化が施されていることがわかる。

 

 

A10X Fusionのスペック

iPad Pro 12インチのクロック周波数は2.38GHzであることから、iPhone 7のプロセッサと同じクロック周波数であることがわかる。

 

 

また「A10X Fusion」は、L1キャッシュが64KBでL2キャッシュが8MBとなっており、L2キャッシュだけで見ると、iPad Pro 12インチは前のモデルよりも2.6倍となる。

 

 

さらに「A10X Fusion」は、通常のコア3つと高性能なコア3つの計6コアの構成になっている。

 

 

通常のコア3つは、高性能のコアの約5分の1消費電力で稼働することが可能だ。

 

 

その為、普段の使用では、常に通常のコアが処理することになります。

 

 

ゲームなどの重たい処理を行う場合は、GPU12コアと同時に、高性能なコア3つが稼働すると思われる。

 

 

新しいiPad Proのベンチマーク

Macお宝鑑定団Blogは、新しいiPad Proのベンチマークを公開している。

 

 

Geekbenchによる測定によると、新しいiPad Pro 12インチのスコアは、以下の通りとなっている。

 

 

  • シングルコア/3,907
  • マルチコア/9,198

 

 

このスコアは、「iMac (21.5-inch, 2017)/Core i5 2.3GHz」や「MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)」に匹敵するスコアであると報じられている。

 

 

このことからiPad Proは、ノートパソコンと同じ性能を持っていることになります。

 

 

同じく、Geekbench 4 Computeにて、グラフィック性能を計測したスコアが「27,609」となっております。

 

 

このスコアは、新しいiPad Pro 12インチは、前のモデルよりも約1.8倍ほど処理性能が高速になる。

 

 

グラフィック性能のスコアが「27,609」の場合、「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)のIntel Iris Pro Graphics 6200」や「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)のIris Pro」と同等のスペックにあたる。

 

 

また、SafariにおけるJavaScriptの実行速度も約1.5倍ほど向上しており、肌でアップデートを体感することが出来る。

 

 

これらの測定結果から、新しいiPad Pro 12インチはノートパソコンと同等、あるいはそれ以上の性能を保持していることが判明しました。

[Macお宝鑑定団Blog]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)