TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年6月10日

21.5インチ4K iMacは、CPUとメモリ交換が可能であることが判明

2017年6月9日にAppleが「WWDC 2017」発表した21.5インチ4K iMacは、CPUとメモリがモジューラー式へ変更されたことが明らかとなりました。

 

これにより21.5インチ4K iMacは、再びCPUとメモリの交換が可能になりました。

 

iMacを分解

新製品をいち早く分解することで有名な「iFixit 」が、Appleが「WWDC 2017」で発表した21.5インチ4K iMacの分解レポートを公開していることが明らかとなりました。

 

 

 

 

 

今回、iFixitが選んだiMacの構成は以下のとおりとなっている。

 

  • 3.0 GHz quad-core Intel Core i5 (Turbo Boost up to 3.5 GHz)
  • 8 GB of 2400 MHz DDR4 memory
  • Radeon Pro 555 GPU with 2 GB of VRAM
  • 1 TB (5400-rpm) hard drive
  • 802.11ac Wi-Fi and Bluetooth 4.2
  • 43% brighter display (500 nits) with 4096 × 2304 resolution and P3 wide color gamut

 

そして、今回の分解により、21.5インチ4K iMacのCPUとメモリがモジュール化されていたことが明らかとなりました。

 

21.5インチ4K iMacのメモリ・CPU交換が可能に

21.5インチ iMacのメモリは、2013年モデル以来、不可能となっており、CPUについては2012年モデルから交換が不可能になっている。

 

 

iFixitの分解レポートによると、21.5インチ4K iMacのメモリとCPUがモジューラ式へ変更されたことが報告されている。

 

 

メモリもジュールについては、Macbook pro mid2017や27インチ iMacに搭載されていた、モジューラーが搭載されている。

 

 

 

またCPUについては、脱着式のモジューラーになっており、一度ロジックボードからCPUモジュールを取り外さなくてはならない。

 

 

 

 

分解レポートによると、CPUモジュールはヒートシンクとロジックボード裏のシールを剥がす必要があるとのこと。

 

 

 

なお、ソケットは「LGA 1151」のCPUソケットが採用されていたようです。

 

 

簡単に交換が可能なのか?

iFixitの報告によると、21.5インチ4K iMacの修理のしやすさを示すスコアを「3」と評価している。

 

 

こちらのスコアは最大「10」段階となっており、「10」が一番修理がしやすいとされている。

 

 

このことから21.5インチ4K iMacの修理のしやすさは、難しいと評価されている。

 

 

iMacの分解は、昔から難易度が高く、ディスプレイからロジックボードへアクセスする手順が難しいとされております。

 

 

そのため、21.5インチ4K iMacのCPUおよびメモリ交換は、自己責任で自信がある方におすすめします。

[iFixit]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)