TOP

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2017年6月1日

Apple、iPhone SEの後継機をリリースする予定はなし!? – 4インチスマホは登場せず

2017年6月1日に調査会社IDCによると、2019年までに4インチスマートフォンが540万台まで減少し、2020年には市場から消滅することを予測しました。

 

 

これは事実上、Appleから販売されているiPhone SEなどの4インチスマートフォンの後継機が作られないことを意味しております。

 

 

IDCによる調査

調査会社であるIDC社によると、ここ近年でスマートフォン市場のニーズがディスプレイサイズに大きく依存していることを発表いたしました。

 

 

 

 

 

2021年には、5~5.5インチのディスプレイを採用したスマートフォンの出荷台数が7億3,100万台まで上昇すると予想している。

 

 

さらにファブレットに位置する5.5~6インチのスマートフォンは、7億4,900万台まで達するとしている。

 

 

この予想から、スマートフォンのディスプレイサイズにおけるニーズは、巨大化傾向にあることがわかります。

 

 

なぜディスプレイが大きくなっていくのか

スマートフォンのディスプレイサイズの巨大化の一つに、ディスプレイの製造技術の向上が挙げられます。

 

 

最近のディスプレイには、ベゼルレスデザインを採用しており、従来通りの端末の大きさで、ディスプレイの表示領域を広げることが可能になりました。

 

 

これには、ディスプレイ技術のみならず、ディスプレイ上部の各モジュールの小型化も大きな要因となっております。

 

 

また、2017年からの傾向では、ディスプレイを縦長にすることで、より手にフィットするようなデザインを採用することがトレンドとなっているようです。

 

 

iPhone SEは消滅するのか?

IDCの調査によると、4インチ以下のスマートフォンは、2019年の出荷台数は540万台まで減少すると予測している。

 

 

さらに、1年後の2020年あたりから市場から消滅すると予測している。

 

 

かつてのAppleのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏の名言に以下の言葉が挙げられます。

 

 

スマートフォンの理想的なサイズは、片手に収まる3.5インチがベストだ。

 

 

ですが、スマートフォン市場を考慮すると、今後Appleから4インチ以下のスマートフォンが登場する可能性は極めて低いと思われる。

 

 

しかし、ベゼルレスデザインを採用し、片手に収まるスマートフォンは今後も登場し続けると推測されます。

 

 

Appleは、2017年にベゼルレスデザインを採用した「iPhone 8」を市場に投入すると報じられている。

 

 

このことから2018年の次期iPhoneにもベゼルレスデザインを採用し、片手に収まるスマートフォンが登場する可能性は十分にあると推測されます。

[The Korea Herald]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)